大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


切り花のサイズ

投稿日時:2024/03/26(火) 09:00rss

切り花世界の中で量販店の果たす役割が益々大きくなってきました。

花にあって、特に菊の分野では70cmの花を生産することで加工メーカーでの廃棄をより少なくし、無駄をなくしていこうという動きが出てきました。実際その動きが重要なのでしょう。
ヨーロッパでは恐らく60億本のバラが販売されています。その中で40cm(30㎝から50cm)のバラが販売の多くを占めています。現状多くは飛行機での輸送となっていますが、船での輸送も次第に増える傾向があります。申し上げたいことは平均40cmのバラの販売先はほぼ量販店です。イギリスでもオランダ、ドイツでも、フランスでも北欧でもそうです。つまり、既に出荷段階で量販店が求めやすいサイズのバラが東アフリカ各国(ケニア、エチオピア、タンザニア、ルワンダなど)から輸出されています。そのバラは店頭に並び、購入する皆さんが家でほぼ切ることなく、花びんに挿すことが出来ます。つまり手間いらずなのです。家庭にある花瓶は洋の東西を問わず、20cm~25cmが多いのです。そうであればバラのサイズは平均40cmが最適なのです。
申し上げたいことは量販店店頭でどのような花が、どのようなサイズを欲しているのかに合わせ生産されています。

このようなことは国内にあっても同じことが言えます。生産者の皆さん、市場の皆さんの役割が益々重要になってきます。
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

バックナンバー

<<  2024年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る