大きくする 標準 小さくする
次ページ

2021年10月15日(金)更新

春の準備


今年の気候は少しばかり変化に富んでいました。
8月は旧盆の頃から温度が下がり、長雨となりました。私たちの関係する旧盆の花販売は大打撃を受けてしまいました。さらに9月の秋彼岸の前半は雨模様となり、後半ようやくいいお天気が続きましたが。前半とは異なり夏のようなお天気になり、連日30度を超える日となりました。

庭を見ると、本来10月後半から紅葉する樹木などは暑さにやられたのか、9月歳後半から茶色くなった葉を次々落とし、今ではすっかり枝だけの木となっています。西洋トチノキです。ほぼ同じような状況の木はジューンベリーです。こちらもあっという間に葉が落ちてしまいました。葉が残っているのは紅葉と百日紅くらいです。草花類は雨が続き、暑さも続き、最低限のことしかできていない関係で、草類は伸び放題となりましたが、時々切ったり、抜いたりしています。また、わずかな芝も伸び放題で、今度の休みに行うつもりでしたが、足の小指の奥の方を骨折したため芝刈り機が使えません。そこは家内に任せるとして草花類を整理して、11月後半に来春を目指し球根類を植え付けることになります。主体はチューリップですが、ほかにもたくさんの球根を植えていきます。

今、庭をやっておかないと寒くなってからでは少々つらくなります。今のうちです。

 

2021年10月14日(木)更新

お花とコーヒー


セガフレッティー・ザネッティー・エスプレッソという会社があります。もちろん多くの方がご存じのイタリアボローニャに本部を持つイタリアンカフェです。どの店舗もおいしいコーヒーと多くのフード類であふれています。

店舗の多いカフェの印象で、どの町にもあるような気がしますが、店舗数は21店舗程だといいます。エスプレッソは一杯300円で飲むことができます。濃いエスプレッソにスプーン二杯の砂糖を入れ、甘くして飲むエクスプレッソはまるで蜜をなめているようです。堪らないおいしさです。

今回社長様とお会いし、クーポンをお分けいただくことになりました。花ギフトの拡大を図る際、以前から花とコーヒーを考えていました。お花を楽しんでいただき、且つおいしいエスプレッソも楽しんでいただきたいと考えています。

今はクーポン券の入るパッケージのデザインを考えています。

 

2021年10月13日(水)更新

花用ギフトボックスの基準


知り合いの方とお電話をしていましたが、インパックのギフト用段ボールケースの話になりました。
中から花を取り出すのに秒単位で安全にブーケを取り出すことが可能、ということでした。
有名店のギフト用段ボールから、同じく中のブーケを取り出す際、段ボールケースの外、中に張ってある粘着テープを取りはずし、ようやくブーケを取り出したが数分かかると話されていました。確かにイラつく感があります。

考えてみれば「花用ギフトボックス」の基準は存在していません。花が入れば何でも「花用ギフトボックス」となります。長年、花の包装資材に関わるインパックとしては大いに反省しなくてはいけません。

今の段階で定義すれば「花を安全に輸送し、包装する際、粘着テープを使用せず、取り出すときも即安全に取り出すことができる容器」を花用ギフトボックスという、ということになるでしょう。
現在、発売中のボックスはそれに十分当てはまります。

 

2021年10月12日(火)更新

秋明菊(シュウメイギク)


今年の気候はシュウメイギクにとってぴったりの年の様です。私の家でも庭に咲いていますが昨年と比べ、サイズも大きく、更に沢山のシュウメイギクが赤、白と共にきれいに咲いてくれました。
しばらく前にも書かせて頂きましたが、その当時からサイズの大きさが気になっていました。いつもの年より丈が大きく丈夫な茎なのです。今はそのまま花がついてくれました。

名前からして菊の様に思いますが、実はアネモネと同じ種類で菊とは関係ありません。また、面白いのは赤のシュウメイギクの方が背丈は低い事です。赤の方は三鉢購入し、その後地植えにしました。はじめは30cmほどで、今は60cmほどになりましたが、白の方は1m近くあります。トチノキやジューンベリーの葉はすっかり落ち、枝だけになりました。これを見ても昨年に比べるとかなり早い秋なのですが、日中の暑さはまるで真夏なので少々調子がおかしくなります。

しかしこの花が終わるころ、一気に晩秋へと移ります。


 

2021年10月11日(月)更新

エチオピア文字

先月、日本からエチオピアへお帰りになる方から頂いたネクタイがあります。
このネクタイはエチオピア文字でデザインされています。色もよく大変気に入っています。
これを見たとき文字数が少ない感じがしました。文字の少なさは文化度の高さを表していると考えています。

今日申し上げたいのはエチオピア文字の事です。

私共のIFL(国際フラワーロジスティック)に勤務する方から、170文字を覚えれば自分のサインをエチオピア文字で書けると聞きました。アルファベットは26文字、平仮名は47文字、フェニキア文字は21文字、エチオピア文字は母音7文字、子音26文字、かけると182文字となり、その他にもいくつかあります。
この文字の原形は紀元前1500年頃と言われていますから、3500年前には既に使用されていたことになります。フェニキア文字は8000年前と言われています。ギリシャ文字の26文字はフェニキア文字の影響を受けているようです。

いずれにせよ、170文字で全てを表すことが出来ることはすばらしい事です。
という訳で自分の名前をエチオピア文字で書く練習をしています。
 

2021年10月08日(金)更新

人間国宝 善竹十郎先生


今日は東大和の倫理法人会のモーニングセミナーに善竹十郎先生が講師で来られました。5時前には会場にお越しになっていたようです。今年は二度ほど国立能楽堂で先生の舞台を拝見しました。
善竹十郎先生は人間国宝です。ここまでの方が我々のために東大和まで朝5時に来られ、講話を頂くことはもったいないことですが、ご本人は意に介さず、挨拶も話も、誰よりも大きな声でなさっていました。人間的にも素晴らしい方です。

善竹と言えば金春善竹が有名ですが、その「善竹」は先生の祖父に当たる弥五郎がその功績を認められ、金春宗家から「善竹」名を与えられました。更に、弥五郎の功績は狂言界で初めて人間国宝になったことです。
弥五郎には4人の子供がいましたが、次男は大蔵流宗家を継ぎ、他の兄弟たちはこぞって善竹性を名乗り今日に至っています。今では善竹会として毎年狂言の会を開催されています。私も銀座の観世能楽堂を訪ね、先生方の狂言を拝見いたしました。
昨年は先生のご長男がコロナで亡くなるというご不幸に合われましたが、いつもと変わらぬお姿に少々感激いたしました。

最近保育園の理事長を拝命していることを申し上げたところ、保育園での狂言教室はとてもいいので、私の保育園でもやろうと言ってくれました。狂言の大きな声、いい姿勢は園児の教育にいいと思います。

 

2021年10月07日(木)更新

ロビーの作品


10月1日、私は所属するロータリークラブがこの2年間で合計11カ月休んでいたと申し上げました。確かに計算するとそうなります。勿論、紀尾井町ロータリークラブばかりでなく、多くの団体がその間休止していたと思います。休止すれは会場に出かけることもなく、食事を共にすることもありません。これではある部分、経済が回らなくなることも事実です。
それが今日から紀尾井町ロータリーが再開します。今期7月からですからあっという間に3か月が過ぎていました。会場のあるニューオータニには週に二度ほど出かけていましたが、すっかりご無沙汰いたしました。

ここのホテルに限りませんが、ニューオータニへ出かける楽しみは二階ロビーにある生け込みです。季節ごとに様々な材料を使い、とても大きな作品が作り上げられています。9月は来ることが叶わず、見ることが出来ませんでしたが。季節柄、菊などが使用されていた可能性があります。ホームユースの場合、菊と言っただけで仏花をイメージされ、敬遠される傾向にありますが、その実、様々な菊が市場に出され、花の形状、色等見事なものが沢山あります。今後青の菊が出るようですから楽しみも多くある花です。

今日はどんな花が飾られているか今から楽しみです。
写真は明日アップいたします。
 

2021年10月06日(水)更新

株式会社守重本店HPオープン

守重本店はインパックの親会社です。

 

本店の本社はインパックと同じく東大和市にありますが、拠点のひとつが中央市場の世田谷花き市場内にあります。場所はセリ場のとなりにあります。

先日はセリ場から出てきた古い友人にばったり会いましたが、少しも知らなかったと言われ、少々反省いたしました。

 

ここのビジネスは切り花の「日持ち検査」をしています。勿論インパックで加工するエチオピアのバラの日持ち検査を定期的に行っていますが、それ以外に生産者の皆さんからのご依頼を受けたり、更に全国の加工メーカー、農業試験場からのご依頼を受け、日持ち検査を行っています。検査の方法は自動カメラで100検体を同時に行うことが出来ます。1時間に1枚、1日で24枚、それを二週間取り続け、更に12時間単位で昼と夜を再現しています。室温は25℃、湿度は60%です。

更に撮影したものは1~2分で再生するようにしています。ほぼ動画状態で、お預かりした検体の報告書と共にビデオ報告をしています。大変分かり易いと好評をいただいています。

更にお得意先様の鮮度管理に対するコンサル業務を行っています。ここはそういう事業領域における、日本に一か所しかない自動カメラでの日持ち検査場となっています。

 

今回申し上げたかったのは、守重本店のホームページが出来たことです。ぜひご覧ください。

守重本店HP

 

2021年10月05日(火)更新

小さなバラは美しい

今回発売した商品が好評です。

コンセプトは「小さなバラは美しい」

昔から高い花は大きい、長い、等とサイズにより決まっていました。それでは美しさの視点ではどうか、と考えると美しさにサイズはありません。私は昔からバラは小さい方が美しく、かわいいのではないかと考えていました。
今回の発売に当たり、ここに焦点を当てました。今まで安価と言われていた小輪に焦点を当て、綺麗さ、可愛らしさにはサイズは関係ないことを今回の商品化の過程で証明いたしました。私にとってはむしろ小さい方が商品価値は高いと考えています。
勿論小さいだけではだめです。問題は鮮度です。エチオピアから凡そ30時間でIFL(インパックの花束加工工場:International Flower Logistics)に到着しますが、TTv(温度時間値)で言えば500~600で到着します。それは1,000~2,000と言われる国内のTTvから見ると日持ちでは2~3日ほど長持ちします。更に保管0.5℃、加工15℃、出荷までの保管は5℃と鮮度に関しては3温度帯を採用しています。
また、環境を意識したパッケージを採用しました。再生可能な段ボールケース、更にそのボックスをカバーするペーパースリーブは長さを1/3のサイズにしました。更に中のラッピングも無駄を省き、シンプルなものにいたしました。また、輸送時の水分補給はオアシスにたっぷり給水し約400ccの水を入れています。オアシスは生ごみで処分可能です。
また、商品名は「PIPPOROSE BANBINA:ピポローズ バンビーナ」とし、ボックスの名称は「Flower in Pack」と致しました。また一切の粘着テープを使用せず安全に工場からお客様の手元にお届けできるスマートパッケージになっています。

 

2021年10月04日(月)更新

青の不思議


もう20年程になるでしょうか。サントリーさんが青いバラを世に出しました。その前には青色系カーネーション、ムーンダストが出ていました。ムーンダストは濃い紫から薄い紫まで4種、上市されています。

もっとも、サントリーさんのカタログでは青いバラはではなく、「青み」と言っています。
もう少し濃くしたいのかもしれません。それでも十分その価値はあります。世界中どこにも青いバラは存在しません。遺伝子の組み換えによって、はじめて青いバラが出来るようです。
サントリーさんの凄いのはカーネーション、バラに留まらず、更に広く青い花を咲かせようとしています。
青いシクラメンはかなり衝撃的でした。サイズも小さく、色は青い、品のいいシクラメンです。更に数年前、新聞で見かけたのは、今度は青い百合です。

百合は白、ピンク、赤、オレンジ等、様々な色がありますが青はどこにもありません。早く見たいものです。
更に今度は菊に挑戦しているようです。どんな花になるのでしょう。常に青を追求する姿は見事なものがあります。青の遺伝子を持たない花に次々青色を付けていくサントリーさんを尊敬しています。
 
次へ»

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2021年10月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る