大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


笑顔のトラック運転手

投稿日時:2023/12/05(火) 08:30rss

ヨーロッパへ出かけ、いつも感じていたことがあります。高速道路やパーキングで止まっている大型やトレーラーの運転手と目が合うと、ほぼ確実に笑顔が帰ってきます。11月に出かけた時もそうでした。

日本の場合、あまりそのようなことはありません。私ははじめ、国民性の違い位に思っていました。しかし日本もこれから実施されるように1日の走行距離(500km)は決められています。更に年間残業時間(960h/年間)も決められます。更に手積み、手降ろしは厳禁となります。仕事が楽になれば自然に笑顔が生まれます。

花き業界にあっても、来年の2024年問題は業界を揺るがす問題となっています。多くの物流会社は運転手不足の中で懸命に頑張っていますが、この改革の動きは止まりません。昨日はスーパーマーケットの三団体(オールスーパーマーケット協会・(一社)全国スーパーマーケット協会・(一社)日本スーパーマーケット協会)から「物流の適正化・生産性向上に向けた自主行動計画」書が届きました。
待ち時間の短縮・荷役作業の自動化・物流管理統括者の選任・物流改善末端からの改革も始まりました。これにより作業の効率化が進みパレットの活用など様々な取り組みが始まりました。

これらの動きをヨーロッパでは先取りしていました。運転手の笑顔が日本にあってもあちこちで見られることになるかもしれません。
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

バックナンバー

<<  2024年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る