大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


結束資材としてのゴム製品

投稿日時:2023/09/29(金) 12:00rss

インパックは37年前に花の周辺ビジネスを始めて以来、一貫して切り花の結束はゴムと決めています。当時、結束は紐と決めているところが多くありましたが、次第に花の結束はゴムに切り替えられてきました。当然機械はゴム結束を使用してきました。花の結束は自動機械(花束加工工場)にしろ、手動で動かす機械(タバリン)にしろ、ゴムとなりました。結果、環境対策を見てもゴムは正解でありました。更に指先で結束を解くこともできます。紐結束ではこれらは無理となっています。
ゴムは純正品があります。これはインパックが決めたことです。発売当初多くの苦情が入りました。結束できない、機械が壊れる。ゴムが伸びきってしまう、などです。インパックが純正品といえる理由は以下の通りです。基準を決めています。

 1)ゴムの伸び率が機械適性に適合している。

 2)フレッシュな状態を保ち販売している

インパックは毎月コンテナで指定工場からゴムを入れています。これもフレッシュな状態のゴムを販売するためです。古いゴムの使用は禁物です。機械がすぐ故障します。

以上の事から、たばりんゴムは基準を設け販売しています。結束機(たばりん)は純正品以外の使用は難しいのですが、その多くは古いゴムを使うことによる故障です。

インパックはこれからも基準の明確な、フレッシュなたばりんゴムだけを提供させて頂きます。
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

バックナンバー

<<  2024年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る