大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


包材比率

投稿日時:2023/09/27(水) 09:00rss

商品に対する包材費の比率です。

包材費は安ければ安いほどいいかというと正しいこともありますが、正しくないときもあります。
確かに袋に入れてあり、保護性、移動性などに適していればそれでいいという考えが一般的です。道の駅などで販売される野菜などはそれにあたります。しかし価格の安定や、品質の保持などを乗せ、販売する量販店はそうはいきません。販売をいかに上げるかが、各店舗重要な課題になります。量販店は雨が降ろうが、槍が降ろうが店を開け消費者の皆さんを迎える任務があります。
つまり、野菜、果物、切り花などの生鮮品に使用される包材は、一見保護性だけの単機能に見られやすい商品であってもそこには鮮度保持、販売促進用の印刷、持ち帰り易さ、保存適性など様々な機能を持ち合わせています。中が見やすいかどうか等、切り花や野菜などでは特に言われます。鮮度保持はさらに重要な要素となります。つまり、量販店で販売されると言った瞬間、包材は消費者の皆さんに訴えかけるデザインも重要な要素となります。

お菓子類などを見ると良くわかります。お菓子には油脂を使った商品があふれています。油
脂の酸化を防ぐことは重要な要素です。仮に価格だけを狙い、ポテトチップスの袋を透明の、それもPE単体やPP単体の袋にすると日持ちはしなくなり、味にも大きなマイナス面での変化が出ています。価格だけでは済まないことを意味しています。

私が申し上げたいのは適正包装ということになります。また包装に際して避けて通れないのは環境対策ということになります。20年ほど前から微生物による分解を目的とした植物由来の生分解商品なども出てきています。
インパックは現在、紙の設備を増やしています。環境問題によるものです。このように包材の価格は日持ちの程度、酸化の防止、美粧性、などをどこまで見るかで変わってきます。ここでも適正品質、適正価格ということになると考えています。
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

バックナンバー

<<  2024年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る