大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


更なる高品質を求めて!

投稿日時:2023/05/09(火) 17:00rss

いい商品を世に出すには材料の選定、生産管理、工程管理、品質管理などいくつもの必要不可欠の工程があり、それらをまとめて製品品質ということになります。
更に輸送品質も重要です。切り花の場合、生産者の責任として生産品質に加え配送業者の輸送品質が加わり始めてトータルでの品質ということになります。
いくら良い製品(切り花)を作っても輸送品質が低ければ全体としては低品質になってしまいます。切り花で言えば低温輸送か、常温輸送かなどは分かりやすい事例となります。輸送品質の中には荷済み、荷下ろしといった間接的なことも入ります。まさに2024年問題はこの付近も入ってきます。
今日は製品(切り花)の輸送品質について都内のある検査機関を訪ねました。本来の目的は別にありました(切り花の環境テスト)が、私はその延長にある製品の輸送テストにも興味を持っています。世の中の全ての製品と言って良いほどこれらのテストは行われています。例えば輸送テストは振幅1~1.5mmで1時間動かすと100kmを走行したことになります。
更に落下テストは1.2mから垂直に落下させたり、角から落としたりして箱の中の保護性を見ます。花の場合は常温輸送と低温輸送があります。以上のように生産者の皆さんがいい製品(切り花)を作り出荷しても、その後の管理が低品質では全体として本来はダメになります。これからの花き業界は輸送品質の向上が急務となりますが、そのためには様々な輸送に関係するテストを行う必要があります。

個々の生産地は自らの製品(切り花)に更なる自信を持つためにも、様々な輸送テストを行う、まずは状況の把握を行うことが必要になります。

花の輸送テストに関わることは、いつでもご相談ください。
info@impack.co.jp
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

バックナンバー

<<  2024年5月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る