大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


お能の話

投稿日時:2024/07/04(木) 14:00rss

少しばかり体調を崩しここ3か月ほどお能に出かけていませんでした。今月は3回ほどチャンスがありますが、体調万全にしていくようにしたいと考えています。先ごろ千駄ヶ谷にある国立能楽堂で唐船が上演されました。当日券を購入すするつもりでいましたが、残念ながら貧血で出かけることが出来ませんでした。狛江青年会議所の理事長経験者の中村正弘先生がシテ方で上演されることになっていました。残念なことをしました。JCの後輩である中村先生を舞台でよく見かけますが、いつも楽しみにしている方です。

お能の一つの見方で子方(7~8歳から13歳くらいまでの声変わりする前の役)が出るお能を楽しみにしている人たちがいます。またそうではなくとも子方の出る部隊は楽しいものです。子供としての役割が普通だと思いますが、明らかに大人の役を子方が務める舞台もあります。天皇や義経の役割はほとんど子方が務めます。義経の出る有名な舞台は安宅や船弁慶などがあり、セリフも沢山ありいつも楽しみにしています。
一方で本物の子供の役として出る舞台に唐船(とうせん)があります。唐船の場合難しいのは子供のセリフが長く、それも子方だけで4名必要になります。この様な時は、それらをこなしてくれる子方がいる時のみ上演が可能となります。今回この唐船を中村先生が演じられましたが素晴らしい舞台の様でした。子方のセリフも見事だったに違いありません。同じ金春流で唐船が演じられたのは30年前でした。
また鞍馬天狗は子方が沢山出ます。6人から9名ほど出ます。全員鞍馬寺の稚児役です。こちらも子方を集めるのも苦労がいるようです。牛若丸も出ますが、こちらも子方です。一つの舞台に舞台の同じ流派で10名ほどの子方を揃えるのはきっと大変です。多くの子方は能役者のお子さんたちですからこれらの舞台が初舞台となることも多くあります。
面白く感じるのは優れた子方がいる時だけ上演可能というところです。

13日は国立能楽堂で鞍馬天狗が上演されます。楽しみにしています。
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

バックナンバー

<<  2024年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る