大きくする 標準 小さくする
次ページ

2016年12月07日(水)更新

“We are Flower People“

もっと花を広げたい! - 003   2016年12月7日(水)
 
“We are Flower People“はインパックの使命感を表した言葉です。

 何年か前、スミザーズ・オアシスジャパンの道田社長のご講演の中で「フードマン」ということを伺いました。欧米のフードビジネスやアグリビジネスの携わる人たちは自らをフードマンと呼び「俺たちは人の命を守る重要なビジネスを行っている。」と自らを奮い立たせているのだ、と話されていました。
私はその話を伺った瞬間、「インパックもまったく同じだ!」と感じ翌日、専務などと話をし“We are Flower People“を決め、商標登録の申請を行ないました。その後、無事商標登録がされています。

 食品は口から入り、人間の肉体を作っていく。花は目から入り人間の心を成長させていく。体を心身と書きますが、まさに心を花が担当し、身は食品は担当する事で人間は成長していきます。
この話は何度も繰り返し社員の皆さんに話していますが、花を扱う私たちはフードマンと同じくとても重要な仕事をしている事になります。“We Are Flower People“はインパックのものではなく花産業に携わる人たちのものと考え、缶バッジを作り、どなたにも差し上げています。既に国内外1,000個以上差し上げています。インパックや商標登録の文字など入れていませんので、ご希望の方は何時でもご連絡下さい。

お問い合わせ先:info@impack.co.jp

201612071605_1-300x0.jpg

2016年12月05日(月)更新

一体エチオピアの現状はどうなっているのでしょう。

もっと花を広げたい! - 002     2016年12月5日(月)

 JETROのアジスアベバの駐在の関氏の話です。JAICA、日本から唯一進出している企業HIROKIさんの話などを総合判断すればアジスアベバは安全、他は注意が必要であるが、格別問題はない、と言ったところです。

 S社は8月には従業員の25%(約3000人)が出勤されず、大いに困った時期があった様ですが、その後、安全に操業されているようです。又、仕入先のF氏の農場は一時期暴動の被害に合いましたが、今は安全が保たれているとのことですが、F氏はアジス内でホテル住まいに切り替えています。又、E社からのバラの輸入は現状滞る事もなく毎週入荷されています。

 1日も早い安全宣言が出てほしい物ですが、インパックはその責任のすべてをインパックが負い来週、弊社の社員3名が出発し、大使館などをお訪ねし状況の把握と将来の方向性を掴んでくることになっています。

2016年11月28日(月)更新

伝化集団のグリーンビジネス

もっと花を広げたい! -001  2016年11月28日(月)

 11
月16
日(水)午後6時中国杭州市にある伝化集団のグリーンビジネスの拠点であるテクノパーク内に有る自社所有のホテルに隣接するレストランで日本と中国の花事業に携わる人たち50名ほどが集まりました。17日から四日間開催される「日本花きフェア」に参加される方々です。伝化集団のグリーンビジネストップの成軍氏、更に絶対的に信頼を頂く西村氏(元キリンアグリバイオ)、今回のフェアの橋渡し役のJFMA専務の松島氏、常務の井上氏(青フラ)花き輸出協議会からは世田谷花き、東日本板橋、東京フラワーポート、梅田花き市場、鶴見花き市場の夫々社長が揃いました。中国からも花き輸出協会などの会長も参加されました。

 

 今回大事な事は日本産の花き5000本を取り揃え、伝化のテクノパーク内の緑科秀で直接中国の関係者に見てもらう機会を持った事でしょう。今後中国国内で日本の花を如何に販売するかは簡単ではありませんが、物流部門を持つ伝化ならではのビジネスを行なうことも考えられます。
 

 テクノパーク内(350ヘクタール)の緑科秀は13.5ヘクタールあり、野菜・果物・薬草・観葉・多肉・関連資材など多くのメーカーによる常設展示がされていますが、その中にインパックのチャコボールもあります。双方向でのビジネスが展開されるプラットホームとして伝化のテクノパーク(緑科秀)が注目される事になるでしょう。

2014年12月18日(木)更新

チャコボールで育った「梅盆栽」

青山“花“通信  2014年12月18日(木)
 
チャコボールで育った「梅盆栽」
 
今、梅盆栽のつぼみが膨らんできました。

201412181727_1-400x0.jpg
 
お正月用に化粧鉢に植え替えた梅が約25鉢あり、ピーターラビットフラワーズとフラワーリパブリックに置くことになりました。
二週間前より、部屋に入れた関係でつぼみが大きく成長してきました。中々元気に育ってきています。この調子ですとお正月には綺麗な梅の花を見ることが出来ます。2500円―3500円ほどですが、是非楽しんで欲しいものです。
 
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/

 

2014年12月09日(火)更新

すばらしい「こけ」デザイン

青山“花“通信  2014年12月9日(火)
 
すばらしい「コケ」デザイン

201412090753_1-300x0.jpg
 
先週、専務が太田の加藤様(チャコボールの開発者)に所へ訪問したところ帰りにコケを利用したアレンジを預かって来ました。
 
コケは最近大人気で多くの愛好家がいるとはお聞きしていましたが、このような商品まで発展しているとは思いもよりませんでした。すばらしいものです。まるで奥山に足を踏み入れたような印象を受けます。
このコケも小宇宙を表現できるものなのでしょう。このように思うことを表現し、具体的な商品にしている事は少しばかり驚きでした。今後の盆栽作りに大いに参考になるものです。
 

ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/
 





 

2014年12月04日(木)更新

親子感謝の日 「 いい季節になりました 」

青山“花“通信  2014年12月4日(木)

親子感謝の日 「 いい季節になりました 」

201412040619_1-400x0.jpg
2014.1121に贈った時
201412040619_2-400x0.jpg
2014.1203 昨日の状態 まだまだ日持ちしそうです

先月21日に親子感謝の日のブーケを家内に贈りました。
私の場合、母が他界しているため、母のつぎ大事な人ということで家内に花を贈りました。
明日で丸々二週間となりますが、その時の花が元気です。二週間元気でいるという事は季節もありますが、いい花でブーケを作ってくれたお陰です。
 
花の場合、1週間持ってほしいというのが多くの人の希望するところです。どんなアンケートをとっても大半の方々が1週間です。今回の花は二週間ですからとてもいい傾向です。
最も夏にはこうは行きません。
 
今日は二週間前との比較を見て頂きます。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/
 

2014年12月03日(水)更新

世界でここだけ「 ピーターラビットフラワーズ・チャコ盆栽教室 」

青山“花“通信  2014年12月3日(水)
 
「 ピーターラビットフラワーズ・チャコ盆栽教室 」

201412030732_1-300x0.jpg
201412030732_2-300x0.jpg
201412030732_3-300x0.jpg
201412030732_4-300x0.jpg
            教室からの風景です。
 
先週、ピーターラビットフラワーズの二階で盆栽教室が開かれました。
講師は大宮盆栽教室の田畑先生にお願いしました。集まった方々は6名でしたが、私もその中に入れていただきました。
 
今回は長寿梅を使用しましたが、全員初めての方ばかりでしたが、先生の指導の下それぞれ良い形で仕上がりました。この教室の特徴は用土にチャコボールを使用することです。
田畑先生も私も二年以上チャコボールで盆栽を育てていますが、よく育っています
先生は何か分かりませんがいいのです。といっておられますが、チャコボールの持つ吸水性、保水性、更に粒と粒の間にある、空気層などが植物の根を育てるのに適しているのだ考えています。
 
又、水遣りもチャコボールであれば見た目で水をやる時がわかり始めての人でも水遣りは簡単です。それにして参加された皆さん、初めてではありますが枝をよく切っていました。はじめは少々勇気が要りますが、感覚が優れているのでしょう。とてもいい感じでした。
次回が楽しみです。
 
次回は12月となっています。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/

2014年12月02日(火)更新

「 オランダよりクリスマスのお菓子プレゼント 」

青山“花“通信  2014年12月1日(月)
 
「 オランダよりクリスマスのお菓子 」

201412020707_1-400x0.jpg
ほんの一部です。
 
オランダの取引先から沢山のお菓子が届きました。大きなダンボールに一つです。丁度オランダから技術者が来ているときでもあり、オランダのクリスマスの特徴、子供たちがお菓子をもらうのをとても楽しみにしていることなど聞くことが出来ました。
 
http://www.hollandflanders.jp/wp/newsletter/?p=2976
 
オランダのクリスマスは他の国のより早く11月に遣ってきます。蒸気船に乗り沢山のお菓子を積んで白いひげで有名な聖ニコラスが遣ってきます。河岸では大勢の親子ずれが待っています。さすがに運河の国です。
彼はパソコンを持ち出し、お菓子一杯の蒸気船の動画を見せてくれました。
 
お菓子は大きなビスケットが中心で、本社、能登事業所、仙台、始め各営業所、又ピーターラビットフラワーズ、フラワーリパブリックに分けても余る位でした。楽しい時間を頂くことが出来ました。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/
 

2014年12月01日(月)更新

「 神宮いちょう並木も昨日が最後? 」

青山“花“通信  2014年12月1日(月)
 
「 神宮いちょう並木も昨日が最後? 」

201412010549_1-500x0.jpg
 
昨日の神宮いちょう並木は小雨もありましたが、多くの人で溢れていたようです。私の知り合いが広島から実家に戻っていたから、とお立ち寄り頂いたり、社員の方や、会長まで来てくれました。他にもお知り合いの方々にも来て頂くことが出来ました。守重幸子展(副社長の奥さん)にこられた方も何人もいました。
 
神宮のいちょう並木は全部で四列あります、広い歩道をはさむように植えてありますから全部で四列になるわけです。それ故、歩道を歩くと黄金のトンネルを歩いている気分です。
恐らくこのような贅沢な散歩も今年は昨日が最後だったようです。一昨日からの吹いていた風でかなりの葉が落ちていました。
 
いちょう並木は明治絵画館から青山通りまで続いています。その間を皆さん歩いてたのしでいますが、平日は車を通していますので危険を顧みず、写真を撮るため道の真ん中に立っている人もいます。何度か危険な場面を目撃したこともありました。
少なくともこの期間、完全に通行止めにしてもいいかもしれません。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/

2014年11月25日(火)更新

「守重幸子展」

青山“花“通信  2014年11月25日(火)
 
「守重幸子展」
 
昨日、家内とともにピーターラビットフラワーズへ出かけました。義妹の「守重幸子展」を見に行きました。タイトルが「OWLHOTEL IN AMSTERDAM」と成っています。

201411251343_1-300x0.jpg
ピーターラビットフラワーズ二階です

作品の半分ほどが背景の写真にアムステルダムのOWLHOTEL前の道路が写っています。
ここにはこの20数年何泊したか割らないほどです。更にこの写真が撮られた日のことを良く覚えています。アムステルダムにしては珍しく大雪の晩でした。この日の雪は夜遅くホテルに戻った私から見ると実に幻想的であり、更にこの風景は恐らく200年は変わらぬ風景だと思うとなにか神秘的な気さえしてきたのです。
幸子さんの絵を見ているうち次第に思い出して来ました。
 
是非いらしてください。丁度この後10日間ほどはイチョウも実に綺麗です。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

1936年 4月創業 1968年(株)守重商店設立、1987年生花包装資材機器販売業として、インパック株式会社へ社名変更する 2007年9月南青山にピーターラビットフラワーズをオープンする。 2008年2月石川県に生花包材専門工場稼動する。...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2016年12月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る