larger default smaller
次ページ

2014年12月18日(Thu)更新

チャコボールで育った「梅盆栽」

青山“花“通信  2014年12月18日(木)
 
チャコボールで育った「梅盆栽」
 
今、梅盆栽のつぼみが膨らんできました。

201412181727_1-400x0.jpg
 
お正月用に化粧鉢に植え替えた梅が約25鉢あり、ピーターラビットフラワーズとフラワーリパブリックに置くことになりました。
二週間前より、部屋に入れた関係でつぼみが大きく成長してきました。中々元気に育ってきています。この調子ですとお正月には綺麗な梅の花を見ることが出来ます。2500円―3500円ほどですが、是非楽しんで欲しいものです。
 
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/

 

2014年12月09日(Tue)更新

すばらしい「こけ」デザイン

青山“花“通信  2014年12月9日(火)
 
すばらしい「コケ」デザイン

201412090753_1-300x0.jpg
 
先週、専務が太田の加藤様(チャコボールの開発者)に所へ訪問したところ帰りにコケを利用したアレンジを預かって来ました。
 
コケは最近大人気で多くの愛好家がいるとはお聞きしていましたが、このような商品まで発展しているとは思いもよりませんでした。すばらしいものです。まるで奥山に足を踏み入れたような印象を受けます。
このコケも小宇宙を表現できるものなのでしょう。このように思うことを表現し、具体的な商品にしている事は少しばかり驚きでした。今後の盆栽作りに大いに参考になるものです。
 

ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/
 





 

2014年12月04日(Thu)更新

親子感謝の日 「 いい季節になりました 」

青山“花“通信  2014年12月4日(木)

親子感謝の日 「 いい季節になりました 」

201412040619_1-400x0.jpg
2014.1121に贈った時
201412040619_2-400x0.jpg
2014.1203 昨日の状態 まだまだ日持ちしそうです

先月21日に親子感謝の日のブーケを家内に贈りました。
私の場合、母が他界しているため、母のつぎ大事な人ということで家内に花を贈りました。
明日で丸々二週間となりますが、その時の花が元気です。二週間元気でいるという事は季節もありますが、いい花でブーケを作ってくれたお陰です。
 
花の場合、1週間持ってほしいというのが多くの人の希望するところです。どんなアンケートをとっても大半の方々が1週間です。今回の花は二週間ですからとてもいい傾向です。
最も夏にはこうは行きません。
 
今日は二週間前との比較を見て頂きます。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/
 

2014年12月03日(Wed)更新

世界でここだけ「 ピーターラビットフラワーズ・チャコ盆栽教室 」

青山“花“通信  2014年12月3日(水)
 
「 ピーターラビットフラワーズ・チャコ盆栽教室 」

201412030732_1-300x0.jpg
201412030732_2-300x0.jpg
201412030732_3-300x0.jpg
201412030732_4-300x0.jpg
            教室からの風景です。
 
先週、ピーターラビットフラワーズの二階で盆栽教室が開かれました。
講師は大宮盆栽教室の田畑先生にお願いしました。集まった方々は6名でしたが、私もその中に入れていただきました。
 
今回は長寿梅を使用しましたが、全員初めての方ばかりでしたが、先生の指導の下それぞれ良い形で仕上がりました。この教室の特徴は用土にチャコボールを使用することです。
田畑先生も私も二年以上チャコボールで盆栽を育てていますが、よく育っています
先生は何か分かりませんがいいのです。といっておられますが、チャコボールの持つ吸水性、保水性、更に粒と粒の間にある、空気層などが植物の根を育てるのに適しているのだ考えています。
 
又、水遣りもチャコボールであれば見た目で水をやる時がわかり始めての人でも水遣りは簡単です。それにして参加された皆さん、初めてではありますが枝をよく切っていました。はじめは少々勇気が要りますが、感覚が優れているのでしょう。とてもいい感じでした。
次回が楽しみです。
 
次回は12月となっています。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/

2014年12月02日(Tue)更新

「 オランダよりクリスマスのお菓子プレゼント 」

青山“花“通信  2014年12月1日(月)
 
「 オランダよりクリスマスのお菓子 」

201412020707_1-400x0.jpg
ほんの一部です。
 
オランダの取引先から沢山のお菓子が届きました。大きなダンボールに一つです。丁度オランダから技術者が来ているときでもあり、オランダのクリスマスの特徴、子供たちがお菓子をもらうのをとても楽しみにしていることなど聞くことが出来ました。
 
http://www.hollandflanders.jp/wp/newsletter/?p=2976
 
オランダのクリスマスは他の国のより早く11月に遣ってきます。蒸気船に乗り沢山のお菓子を積んで白いひげで有名な聖ニコラスが遣ってきます。河岸では大勢の親子ずれが待っています。さすがに運河の国です。
彼はパソコンを持ち出し、お菓子一杯の蒸気船の動画を見せてくれました。
 
お菓子は大きなビスケットが中心で、本社、能登事業所、仙台、始め各営業所、又ピーターラビットフラワーズ、フラワーリパブリックに分けても余る位でした。楽しい時間を頂くことが出来ました。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/
 

2014年12月01日(Mon)更新

「 神宮いちょう並木も昨日が最後? 」

青山“花“通信  2014年12月1日(月)
 
「 神宮いちょう並木も昨日が最後? 」

201412010549_1-500x0.jpg
 
昨日の神宮いちょう並木は小雨もありましたが、多くの人で溢れていたようです。私の知り合いが広島から実家に戻っていたから、とお立ち寄り頂いたり、社員の方や、会長まで来てくれました。他にもお知り合いの方々にも来て頂くことが出来ました。守重幸子展(副社長の奥さん)にこられた方も何人もいました。
 
神宮のいちょう並木は全部で四列あります、広い歩道をはさむように植えてありますから全部で四列になるわけです。それ故、歩道を歩くと黄金のトンネルを歩いている気分です。
恐らくこのような贅沢な散歩も今年は昨日が最後だったようです。一昨日からの吹いていた風でかなりの葉が落ちていました。
 
いちょう並木は明治絵画館から青山通りまで続いています。その間を皆さん歩いてたのしでいますが、平日は車を通していますので危険を顧みず、写真を撮るため道の真ん中に立っている人もいます。何度か危険な場面を目撃したこともありました。
少なくともこの期間、完全に通行止めにしてもいいかもしれません。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/

2014年11月25日(Tue)更新

「守重幸子展」

青山“花“通信  2014年11月25日(火)
 
「守重幸子展」
 
昨日、家内とともにピーターラビットフラワーズへ出かけました。義妹の「守重幸子展」を見に行きました。タイトルが「OWLHOTEL IN AMSTERDAM」と成っています。

201411251343_1-300x0.jpg
ピーターラビットフラワーズ二階です

作品の半分ほどが背景の写真にアムステルダムのOWLHOTEL前の道路が写っています。
ここにはこの20数年何泊したか割らないほどです。更にこの写真が撮られた日のことを良く覚えています。アムステルダムにしては珍しく大雪の晩でした。この日の雪は夜遅くホテルに戻った私から見ると実に幻想的であり、更にこの風景は恐らく200年は変わらぬ風景だと思うとなにか神秘的な気さえしてきたのです。
幸子さんの絵を見ているうち次第に思い出して来ました。
 
是非いらしてください。丁度この後10日間ほどはイチョウも実に綺麗です。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/

2014年11月23日(Sun)更新

「 思った以上! 花瓶付きブーケ 」

青山“花“通信  2014年11月17日(月)
 
「 思った以上! 花瓶付きブーケ 」

201411231645_1-300x0.jpg
 
親子感謝の日にお母様にお花を贈る企画はこの4月から始めました。
 
今月は私の誕生日でもありますが、母は他界していて替わりに家内に感謝をこめてお花を贈ることにしました。ウエブから発注しましたが、ブーケを色別に4種に別れ、ご注文を出される方が選べるようになっています。中々良く出来ています。
 
その中からオレンジ系のブーケを発祥してもらいましたが、家に戻るとブーケが同梱の花瓶に入り飾られています。花瓶はLONAグラス製を使いましたが花瓶とブーケがぴったりです。思った通りの出来でした。予想はしていましたが中々いい物です。
 
家内も大変喜んでくれました。この品質であれば更にお勧めしてもいいと思います。又、花瓶付きの企画はある様で余りありません。ブーケにあわせたものに致しましたが。今後更に種類を増やしていくつもりです。
 
親子感謝の日の企画大いに広げて行きたいものです。
 
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/

2014年11月16日(Sun)更新

「 アグリイノベーション @ ビッグサイト」

青山“花“通信  2014年11月17日(月)


「 アグリイノベーション @ ビッグサイト」
 
先週行なわれたアグリイノベーションでは多くの来場者でインパックブースも常に一杯でした。
 
今回の展示会ではその殆どがチャコプランツ・チャコボールを並べていましたが、かなり興味を持っていただくことが出来ました。確かにチャコプランツ・チャコボールに絞ったこともありましたが、ブースに立ち寄られた方々は初めから用土を探している人や、新たな園芸品を探している人など多くおられ、いい商談が出来たようです。
 
また、この会場では全国の大学、農水省系の様々な研究機関がコマを並べ盛んに来場者と協議をしていました。今インパックが進めているライトによる日持ちの関係も野菜関連で出展されているところもあり、こちらも盛況でした。
 
私は香りのことでつくばの研究所の方と長い話し合いを行ってきました。花と香りは避けて通れないと考えています。
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/
 

2014年11月12日(Wed)更新

「 盆栽は国際小品 」

青山“花“通信  2014年11月12日(水)
 
「 盆栽は国際商品」

201411120912_1-300x0.jpg
*11月はじめに上野グリーンクラブ行われた秋雅展の出品作品
 
昨日13時から法政大学経営大学院のある一口坂校舎でJFMA(日本フラワーマーケティング協会)主催のアフタヌーンセミナーがありました。
 
テーマは盆栽です。講師は大宮盆栽美術館の学芸員である井上拓巳先生でした。私は7月ごろからこの日を楽しみにしていましたが、本社で避けられない仕事が入り大幅遅刻で教室に入ったときは既に先生の話は終わり、質問時間になっていました。質問に対する答えは同じ盆栽美術館に勤める田端主任盆栽師がお答えになっていました。
 
盆栽で最も興味のあるのはやはり価格のようでした。同じように見えても100万円もあれば1000万円もあり、小品盆栽の場合いいのは100万円はざらに有るが、同じサイズで1万円のものもあり、わかりづらい世界である、等と説明されていました。
また、盆栽輸出の件や、流行のコケ玉のことなどの質問に田畑さんはとてもまじめにお答えになっていましたが、田畑さんの話し上手に皆さんの評判は一気に上がりました。
 
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/
 
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

1936年 創業 1968年(株)守重商店設立、1987年生花包装資材機器販売業として、インパック株式会社へ社名変更する 2007年9月南青山にピーターラビットフラワーズをオープンする。 2008年2月石川県に生花包材専門工場稼動する。...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  7/2016  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る