大きくする 標準 小さくする
前ページ

2023年10月17日(火)更新

アメリカの甥

先週からアメリカから甥が遊びに来ていました。両親のいる北海道に行く前に東京に寄ってくれました。

彼は子供の頃、小学校高学年の時に両親の留学とともにアメリカに渡り、小学校を卒業、中学校に進みました。更にその年、両親がアメリカからオランダに渡ることになりましたが、中学はオランダ、高校、大学はアメリカで卒業しました。その後、アメリカの会社に転職し、現在に至っています。
恐らく考え方もアメリカの人になっているのではないかと思います、しかし今回久しぶりに彼と会いましたが、バランスの取れた、いい人間になっていました。

物価も高く、常識も異なるアメリカでやっていくのは大変でしょうが、家族で頑張っています。

とても私には出来ないことをやっています。素晴らしいことです。たくましい彼の活躍を見守りたいと考えています。
 

2023年09月25日(月)更新

東大和少年少女合唱団

代表者の千田先生からお礼状を頂きました。8月に行われた合唱団の発表会のお礼状です。
凡そ4年に渡り、外向けの活動を休止していた合唱団は練習も初めのころは止めていました。今回の発表会までのいろいろご苦労があったと思います。

私の孫も入っていましたが昨年高校生になるのを機会にやめてしまいました。私としては残念な出来事でした。この合唱団は小学一年生から高校生までが約100名入っている地域でも優れた合唱団です。コロナ前は有名な歌手とのコラボもありました。岡本知高さんの時は驚きました。何度も練習したそうです。そのたび岡本さんも参加され、孫は「知高ちゃん」と呼んでいました。岡本さんは男性のオペラ歌手ですが、声は完全にソプラノ領域の声を出すソプラニスタです。指導者のお知り合いでありました。

ある時、岡本さんは東大和少年少女合唱団の発表会に出演されましたが、その後岡本さんのコンサートに合唱団が招かれ、新宿の大ホールで岡本さんと東大和少年少女合唱団のコラボが実現しました。素晴らしい事実です。
小学生を中心に中学生、高校生の皆さんは岡本さんとのコラボ、新宿の有名なコンサートホールでの発表は心に残る舞台だったと思います。このコンサートは子供たちの出演は当日まで発表されず、いきなりの出演でしたので、私たちは出かけることが出来ませんでした。チケットは全部売り切れでした。

この合唱団は指導者の千田先生のご努力の賜物ですが、応援する保護者の皆さんの努力も見逃せません。大きく成長して欲しいものです。
 

2023年08月18日(金)更新

留学生はフィンランドから

紀尾井町ロータリークラブは交換留学生の制度の中で、今年は留学生を一人迎えることになりました。17歳の前向きな高校生です。
先日、1週間の研修(全部で11名が地区内のロータリーから参加していました)最終日に、研修を行っていた所沢にあるコロンビアインターナショナルスクールで彼らの発表会が行われました。この日は日本から出発する日本人留学生10名も参加していました。日本人留学生は英語で、海外からの留学生は日本語で、それぞれ研修日最後の日にそれぞれの印象を聞かせてくれました。
紀尾井町が迎えるフィンランドからの留学生は、ほぼ問題のない日本語で話をしていました。これから1年間の日本での生活に大きな期待を持っているようでした。彼は学習院高校2年生に編入され、来年までの1年間勉強することになっています。その間、茶道など日本文化を学び旅行などもするようです。きっと様々なことを身に着けることになるでしょう。

留学生の皆さんは学校、各家庭、地域活動などで様々学び、日本での生活を楽しむことになるでしょう。しかし実際には彼らが学ぶ以上に、留学生を迎えるご家庭では多くの事を経験することで、大きな学びを得ることになるでしょう。経験的なお話ですが、娘たちとほぼ同い年のフランスからの交換留学生と3か月共に生活をいたしました。食べ物の違い、夜遅くまで生活する留学生に対して朝、遅刻しないために何度も起こしたり、学校でのトラブルに対応するため、先生方にいろいろ苦情を申し上げたり、カウンセラーとの協議を行ったり、一緒に旅行をしたり、楽しい思いをし、このように迎える側も様々勉強する機会を頂きました。
僅かの間でしたが、家内ともども思い出をたくさん作ることが出来ました。
 

2023年08月07日(月)更新

ロータリークラブ交換留学生

私たちは羽田国際線ターミナルでフィンランドから来る一人の高校生を待っていました。1時過ぎ、彼は元気に片手を上げながら、白いシャツの上から赤のタスキをした紀尾井町ロータリークラブのメンバーの方に近づいてきました。紀尾井町ロータリークラブはこれから先1年間、彼のホストをつとめることになっています。まずは無事に着いて安心しました。
その日から1週間ほど、所沢にあるインターナショナルスクールで多くの留学生と共に研修を受けることになっています。彼は最初の仕事として1週間後、日本語で仲間の留学生やロータリークラブの人たちの前で話すことになっているようです。

私も以前フランスからの留学生と3か月一緒に暮らしたころがあります。今回の留学生と同じように、紀尾井町ロータリークラブの関係でした。フランスからの留学生は既に18歳で、翌年は大学生という年齢でしたが、高校2年生のクラスに入りました。いつもクラスメートが子供だと言っていましたが、無事1年が終了しフランスへ戻りました。その間、皇居でのお正月の参賀や京都旅行にも楽しく出かけ、私の子供たちとも仲良くしていました。
私がパリに出かけた折、リヨンにいる彼に電話をしました。リヨンにいるはずの彼が10分ほどでホテルに来た時は驚きました。パリに住んで居る様でした。数年ぶりに会い、懐かしさで一杯でした。私の家にはわずか3か月でしたが、それでも思い出はたくさん残りました。地区の遠山さんは確か当時、留学生の担当をされていましたが、その後もお付き合いがあるようです。
この様な事業は高校生にとっても意義あるものですが、高校生を迎える側にも多くの思い出を残してくれます。

 

2023年03月15日(水)更新

なんでも鑑定団に出る!

昨日昼過ぎに小学校(中野区啓明小学校)時代の友人から、今は熊本に住む同級生のお母様がテレビ東京のお宝番組の「開運!なんでも鑑定団」に出演されるそうだ、と連絡をいただきました。午後になると熊本のご本人からも同じ内容のメールをいただき、家内とともに楽しみにしていました。毎年母の日になるとお花の注文を頂きお母様にお届けしていました。

テレビを見て本当に驚きました。60代といえば、60代、70代といえば70代と思える方がテレビに出てこられました。98歳とお聞きしていましたのでどんなふうに出演されるのか楽しみにしていました。大変お元気で司会者のお話にもはっきりお答えになっていました。素晴らしいい限りです。昔三木首相の奥様の三木睦子様が確か92歳のころテレビに出て、司会者に対してかなりはっきり答えていたことを思い出しましたが、それ以上の受けごたえでした。98歳の方のお話とは思えないほどの対応をされていました。

その友人もご家族とともにテレビに映りました、ほんの瞬間でしたが何十年ぶりに懐かしい姿を拝見しました。よほどの健康体でないとこの方のお母様の様にはいきませんが、せめてもう少し元気でいたいと考えています。

肝心のお宝の方は思うようにはいきませんでした。
 
«前へ
<<  2024年5月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

<<前月翌月>>
2024/05/23(木) 09:00
痛くない靴がいい!
2024/05/22(水) 09:00
ドメイン
2024/05/21(火) 08:30
ペーパースリーブ
2024/05/20(月) 08:30
能登事業所
2024/05/16(木) 13:00
ブルガリア
2024/05/15(水) 09:00
二年ぶり、神田明神薪能
2024/05/14(火) 09:00
来年の母の日企画
2024/05/13(月) 09:00
母の日ギフト
2024/05/10(金) 09:00
保育園でチャコプランツ
2024/05/09(木) 09:00
アタッチメント効果
2024/05/08(水) 09:00
昨日の読売夕刊から
2024/05/07(火) 09:00
みんな同じ
2024/05/02(木) 09:00
お陰様で!
2024/05/01(水) 09:00
母の日セールと花き業界