大きくする 標準 小さくする

2022年01月27日(木)更新

富樫のなにがし

今日は早朝から金沢へ来ていました。着いた早々は寒く、コートの襟を立て、マフラーをしながら駅前を進みましたが、午後からはまるで春のような陽気となりました。春とは少々
オーバーですが、能登の自動車専用道路をまっすぐ工場のある志賀町に向かいましたが、その道沿いに続く日本海の景色は先ほどの「春のような」がぴったりでした。海の色は普段は鉛色と言われますが、空の青を写したようにきれいな海でした。また、多少の波もありましたが、風がないため穏やかな海となっています。この地域を知る副社長はこんなことはめったにないと喜んでいました。工場に着くころはコートがなくても平気でした。

ここに来ての楽しみは、小松空港近くにある大きな石像です。関守の富樫と弁慶の二体が橋の上に置かれています。ほぼ実物大でしょうか。
おそらくこれは歌舞伎から写したのでしょうが、私としてはお能の安宅から取ったと考えたいのです。お能の安宅と歌舞伎の勧進帳は同じ内容ですが、お能の方が400年程古く、更にここは石川県ですから加賀宝生の本場です。お能の石像でも不思議はありません。三間四方の能舞台で義経を挟んで8人以上の山伏と富樫の争いで弁慶が仲間の山伏を引き留める舞台は圧巻です。
私共が能登に工場を作る際、街の職員でお寺の住職をお務めの方が関守と同じ名前でした。古くから能登にお住まいと聞きましたが、ことによると関守の子孫かもと思うと楽しくなってきました。