大きくする 標準 小さくする

2021年09月10日(金)更新

エチオピアと東大和の保育園


先月はオランダの農務参事官、今月初めにはエチオピア大使館の商務担当者の方が日本を離れていきました。
彼らが日本にいた大半は、コロナの時代で思うように行動できなかったのではないでしょうか。事実私も海外へ出かけたのは、おととしの12月のエチオピアが最後で、それ以降ずっと国内で、それも東京を離れたのは、ほんの僅かでした。ましてや海外の大使館に勤務する方々はこの間、つらい思いをなさっていたのではないでしょうか。
そんな折、二年半ほど日本にいらしたエチオピアの大使も、日本を離れることになりました。私共は勿論ビジネスでお世話になっておりましたが、大使とはビジネスとは別で、様々な話をする機会がありました。特に今回は、幼児教育に関心を持っている事をお聞きしました。私が7月から東大和市内の社会福祉法人(5ヶ所の保育園と二か所の学童)の理事長を務めていることを話したところ、急遽東大和にある保育園とインパックに立ち寄ることになりました。
私も何かお役に立つことがあれば大変光栄なことです。

エチオピアでも勿論保育園はありますが、人口1億人の国であり、平均年齢が18歳の国家では恐らく乳幼児の数も多いと考えられます。エチオピアにとって学校教育も重要ですが、幼児教育も更に重要だと思います。大使もそこに関心を持ち、東大和へ来訪をお考えなのでしょう。