大きくする 標準 小さくする

2021年02月18日(木)更新

SMTS(スーパーマーケットトレードショー)”花が生鮮売り場を変える”

ブログ  2021年2月16日(火)

SMTS(スーパーマーケットトレードショー)
            “花が生鮮売り場を変える”

今年のSMTSはコロナの影響で開催が危ぶまれました。最終決定したのは2月4日にことでした。恐らく関係する事務局の皆さん、協会の横山会長始め役員の方々のご苦労は私などの創造を超えるのではないでしょうか。結果、毎年行われる大懇親会(2000名以上の参加者があります)は中止し開催の運びとなりました。

日本には500系統以上のスーパーマーケットがあります。この数はイギリスの8系統と比較すると比べるまでもなく大きな業界を作り上げています。イギリスは8系統ですから一社の規模は日本のトップクラスと同じくらいあります。日本の場合巨大チェーン三系統の他多くのチェーンがあり、ほぼ全ての町に二店舗、三店舗が存在し私たちの生活を豊かにしています。更にここにきてどうやら本物のディスカウンターが生まれ、更に新たな業態のチェーンが生まれています。その意味で食品販売のチェーンストアは挑戦的に新たな店舗が増えています。その意味でコロナはこの業界に対しても変化を促しています。

インパックは過去10回ほどSMTSに参加いたしました。今回は連続で4回目になります。
上記に意味で大きな責任を感じます。常に変化する業界に対して常に新たな提案を続ける意思と具体策を持たない限り出店は危ういことになります。大いなる提案が必要になるとと考えています。

“花が生鮮売り場を変える!”は今回のインパックの大テーマです。
かなり大胆かつ挑戦的なテーマになっています。この言葉にあるものはインパックの意気込みと考えて頂けると幸いです。