大きくする 標準 小さくする

2021年02月01日(月)更新

切花の品質管理はTTI(Time Temperature Indicator)から!

3月初めにオランダでもコロナ騒ぎが始まった時、アールスメールの花市場から信じられない光景が配信されました。入荷量の90%以上の切花が処分されているビデオでした。処分する人は当然市場で働く人たちです。彼らの心情はどのようなことであったがはかり知れません。
その後、東アフリカからのバラで支えられていたヨーロッパのバラは暫く出荷されず大きな騒ぎになりました。
そのような状況の中でインパックのバラの調達が困るだろう、とFlowerWatch社のユルン氏が新たな調達先をメールで知らせてくれました。
彼はその後ケニアの事務所を引き上げオランダに戻りました。

それから10カ月たちました。彼から漸くオランダのフラワービジネスが元に戻りつつあるとの元気のいいメールが届きました。更にTTI(Time Temperature Indicator)のその後を聞いてきました。温度時間値を測ることで鮮度を目視で確認できることを彼から教わり、彼には2年前にインパックがTTIを作る話を伝えていました。勿論中間報告も欠かさず行っていましたが、今回は東アフリカ-オランダでの2回目のテストを行うそうです。今回はTTv(温度・時間値:500)ではなくTTv:1000という事で引き合いが入りました。TTv:1000は昨年11月の展示会で用意しておりましたので早速サンプルを送る予定です、。

TTIを世界に広げるため彼と手を取り進めていくつもりです。