大きくする 標準 小さくする

2021年01月28日(木)更新

あと一か月

私共の能登工場は普段あまり雪が降りません。私が羽咋の中核工業団地を選んだ決め手の一つに、雪はほぼ宇都宮と同じ、と県の方から伺ったことがあります。確かにこの10年間その通りでした。勿論降らないことはありませんが、朝までに積もった雪は大体昼までにはなくなってしまいます。その意味では10年に1度の大雪、という説明もよく理解できます。
能登で雪が少ないのは、半島の一番高いところでも標高600mくらいで、北からの雪雲は能登半島の上を通過し、白山連峰や富山の立山連峰にぶつかり連峰のふもとに大量に雪を降らせるからです。
しかし、今年は普段ほとんど降らない12月に何度も大雪が降りました。北陸自動車道も止まったことがありました。工場には何度も除雪機が入りました。現在は少し安定しているようです。しかしその雪もあと一か月です。2月末になれば山は越えます。早く暖かくなってほしいものです。

さて、その2月に市場に多く出回る花があります。アネモネです。切花で出回るアネモネは大人の花というイメージです。大好きな花です。一方、同じアネモネでも庭に植えてあるものは花も小さめで、色がいろいろあり、かなり可憐な花を咲かせます。切花からは大分遅れ3月末から4月には咲いてくれます。