大きくする 標準 小さくする
前ページ

2021年02月26日(金)更新

ミニアイリスから牡丹まで

私の小さな庭には、今にふさわしい小さな花がそろいました。

白いスノードロップ、黄色いクロッカス、青のミニアイリスなどです。高させいぜい10㎝くらいでしょうか。
どの花も小さくてかわいいものばかりです。クロッカスはそろそろ終わりますが、ミニアイリスはこれからです。この後はスイセン、ヒヤシンスと続き、3月初めから4月まで早咲き、中咲き、遅咲きのチューリップが咲き続くことになります。チューリップが咲きはじめるまでの間、様々な球根植物が花を咲かせ、我々を楽しませてくれます。
チューリップはサイズも大きく見栄えもよく、本数も多く沢山咲くため私の庭の中では3月、4月の主役の様な物です。小さくかわいいミニの花はその前段で楽しませてくれているのです。


また、私の楽しみは4月20日前後咲いてくれる牡丹です。二年前までこの時期は中国の広東フェアに毎年出かけていたため、牡丹を見ることが出来ませんでした。牡丹の咲き始めに出かけ、咲き終わると帰ってくる生活でした。それが昨年あたりから大きく変わり、大きく見事な牡丹を楽しむことが出来る様になりました。

これから2カ月に亘り、球根植物と牡丹が私たちを楽しませてくれます。

 

2021年02月25日(木)更新

ピーターの「フィールドブーケ」

先週、幕張メッセでSMTS(スーパーマーケット・トレードショー)が開催されました。17日の初日に大田花き花の生活研究所の桐生社長がお越しになり、新しいお話をうかがうことができました。フィールドブーケの話です。

桐生社長のブログを開きフィールドブーケの件、早速拝見いたしました。以下桐生社長のブログ内の文章です。
「以前オランダの先生に聞きましたが、フィールドブーケのデザインは、1つの花束で同じ花を2本以上使わないブーケスタイルです。10本の花材を使っているとすれば、すべて異なる花材なのです。商品化されたものを見ますと、確かに種類の違う花を使い、それから花束にするときに花の高低差を付けることで自然な感じを出しつつ、乱れた感じを出さずにうまく調和した構成を保っています。」

お話を伺ううちシャンペトルブーケにも近い気もしてきました。
近くインパックがセルフ売り場で「ピーターラビットフラワーズ」を展開したいと桐生社長にお伝えしたところからこのお話が始まりました。ピーターの故郷は湖水地方です。沢山の湖や草原に恵まれた自然豊かな地域です。桐生社長からそうであればピーターの商品としてフィールドブーケを考えてはどうかとアドバイスを頂きました。言葉を聞いただけでもフィールドブーケとピーターラビットは親和性がありそうです。

近く社内で商品化の会議を開くつもりです。

2021年02月22日(月)更新

強い

会社の玄関先の鉢にルピナスを植えています。
今年で三年目になりますが、今年も花を付けてくれました。本を読むとルピナスは多年草とありますが、高温多湿の日本にあっては1年草となっているようです。私共のルピナスはその意味では元に戻っていることになるのでしょう。

ルピナスのいい点は何といっても花の咲く花茎のサイズが大きいことです。上に行くに従い少しずつ花が小さくなりますから全体の形は三角錐になります。たった一本ですが存在感は抜群です。ただ今年は茎の長さが低くなり、大分下の方に花を付けました。それでも20㎝はありますから十分楽しめます。
それにしても3年続けて咲いてくれるのはうれしい話です。今朝、写真を撮っていたところ道行人から花の名前を聞かれました。「ルピナス」と答えましたが何気に花を見てくれているのかと何かうれしい気分になりました。

ついでながら、藤に似た色で、大きな花茎に沢山の花を付けることから「のぼりふじ」ともいわれ、中には1mを超える種類もあるようです。
強い花だと思います。

 

2021年02月20日(土)更新

SMTS(スーパーマーケットトレードショー)三日目


昨日でSMTSは終了いたしました。
総括として申し上げれば、来場者、出展社共に不満の残る展示会になってしまったという事になるでしょう。しかし私はコロナの時期、緊急事態宣言が発令された中での展示会の開催に関しては主催者の横山会長はじめ、理事、事務局の皆様のご苦労は並大抵の事ではなかったのではないかと推察しています。
それでも課題を持ち進めておられる方々はブースに立ち寄って頂きました。安全策を取り、ブース内での商談は出居ないようにいたしました。失礼ではありましたが立ち話しとインパックブース近くの休憩場所でのミーティングとなりました。

今回、花の団体の日本フローラルマーケティング゙協会の松島義幸様を始め、エチオピア大使館の皆様、この環境下で本当によくお越し頂きました。昨日で終了いたしましたが、この後お越し頂いた皆様と、訪問やモードでの協議が始まります。
今回はとても刺激的な展示会となりました。
関係者に皆様と参加頂いたインパックの皆さんに感謝申し上げます。

 

2021年02月19日(金)更新

SMTS(スーパーマーケットトレードショー)二日目



私どもの会社に三名の顧問の方々がおられます。展示会には常にお越しになり毎回会合を開き、常に刺激的なお話を頂くことになっていました。
今回コロナの関係でお越しになるのをお控え頂きました。その代わり昨日の模様をスマホで撮り動画でお送りいたしました。次回お会いした際改めてご意見を頂くつもりです。

今回の出展商品の内、新しい物はバイオマス原料を使用したフラワースリーブです。この商品はバイオマスマークを取得した花業界では初めての商品となっています。私共としては今後環境問題の一助になる商品を出し続けて参ります。その意味では設備一新の覚悟でことに当たっています。生分解フィルム、紙製品等、従来とは異なったマテリアルの使用により環境問題の一助になることを願っています。

現状、原材料の種々の困難さ、価格問題、特許問題、マーク取得、更には設備の変更など次代に向かい、難しい問題だらけではありますが、そこを解決することで環境問題に多少でもお役に立ちたいと考えています。スリーブではバイオマスマーク取得の初めての商品でもあり、大きな責任を持ちながらの出展となっています。
更にチャコプランツはこれからの植物栽培の必須用土です。現在ほぼすべての用土はピートモスから成り立っていますが、この商品は植物が枯れたとき処分するのにかなり苦労することになります。燃えるゴミでは出すことが出来ません。その点チャコボールは生ゴミでもいいのですが、むしろリユース可能な用土として再利用がいいと考えています。きれいに洗い直し、天日干しかレンジで温めることで殺菌が出来ます。そこで新たな植物や植え替えなどを行うことで廃棄の必要はなくなります。結果炭素貯留に持つががり、環境対策としても役立つと考えています。

今回はそれらを中心に出店しています。



 
«前へ