大きくする 標準 小さくする

2021年12月10日(金)更新

いつも元気な方

今朝早く、お祝いを申し上げるには大変失礼な時刻でしたが、大田花き社長の磯村様をお尋ねいたしました。6時には到着してうろうろしていましたが、以前からお世話になっている役員の方にお声をかけて頂き、会議室でお待ちして、7時過ぎには磯村社長にお会いすることができました。

インパックからは社長、常務の西田さんと私の3名が伺いました。暮れの繁忙期でもあり、西田さんは様々日々の感謝を述べ、社長からはこの数日のエチオピア情報を申し上げました。社長はエチオピア大使やJETROのアジス事務所などからの話が直接入ることから重要な話をすることができます。
それにしても今回の叙勲の話はうれしいニュースでした。特に花き業界からこのような方が生まれるということ自体素晴らしいことです。また私どもの仕事に理解を示され、実にありがたいことと考えています。

せっかくお会いしたこともあり、切り花の鮮度保持の事で話が盛り上がりました。繁忙期は花も売れるが、それにつれ加工が限界を超える時もあり、できれば平準化できないかというところに行きつきました。現在インパックの進めている方向性をお話ししたところ、現実性があると、ご判断いただきました。
来年2月のSMTS(スーパーマーケットトレードショー)に繁忙期の2週間前から加工を始めても、品質保証可能な加工方法と保管技術を展示する旨お伝えしました。

今日は様々なお話をして、お別れいたしました。