大きくする 標準 小さくする

2021年01月25日(月)更新

コロナ禍での自動化の波

コロナはいろいろ考える機会を私たちに与えてくれています。

ウェビナーなどは活況を呈し、連日メールで何件もの参加要請のメールを頂きます。セミナー等勉強の機会は益々広がり、日経や東洋経済などは有名講師を揃えたセミナーを数多く行っています。またその他にも工夫を凝らしたセミナーの案内が届きます。昨日までのペガサスクラブのセミナーも初めて二日間、ウェビナーでの開催でした。また、日本フローラルマーケティング協会でもリモートで行われコロナの中ウェビナー真っ盛り状態となっています。

また、花業界でも自動化の動きが急となっています。本日、国内初の自動スリービングマシーンの入荷がありました。花加工ラインで少なくとも7名、1グループで考えますと2~3名の省力化が出来ることになります。この様に花加工の世界でも自動化への第一歩が踏み出され、あとの課題は切花の投入部分だけになっています。

また、私どもでもわずかの方ではありますが、企画部門や貿易部門では一部の方の自宅での仕事が始まっています。特に企画についていえば十分に仕事は可能だと思います。更に社内での会議はテレビが普通となりましたが、運営する総務の担当者は一年前から見ると随分上手なってきました。
今後はリモートでの会議がますます盛んになりますので、運営、司会など徐々に熟練し、いい会議の場にしてほしいと思います。