大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


花き分析センターの役割

投稿日時:2021/06/09(水) 08:43rss

世田谷にあるIFRL(国際花き分析センター)は切花の日持ち検査を中心に設立しました。
オランダでは長年に亘り、卸売市場の中に大きな切花の日持ち検査室があります。常に生産者から持ち込まれた切花の日持ち検査を行い、生産者は自ら生産した切花の特性として、どのくらいのベースライフかを掴んでいました。それは昔から今日に至るまで同じだと思います。


一方日本では、農水省が今から10年ほど前に卸売市場に切花の検査室を作り、それぞれの花のベースライフを調べることを目的に指導が行われてきました。それ故その検査方法はいくつかの基準を作り実行してきたと思われます。実際、FAJさんの検査室は十分機能しています。

その中でインパックは独自の考えで検査室の充実を図ってきました。それは種苗会社、生産者の皆さん、鮮度保持剤メーカー、加工メーカー、スーパーマーケットなどの販売者の皆さんが、自ら生産、加工販売する商品のベースライフを知り、自信をもって販売できる「日持ち保証販売」が行われることを目的としていました。
しかし、実際には定期的な検査を行っているのは一部の加工メーカー、生産者の方々です。今後はさらに広報活動を行い日持ち検査をおすすめして参ります。


更に今後インパックが販売するエチレン分解の装置の設置方法や設置数量を調査するのと同時に、エチレン発生量の調査などを行って参ります。

今後、切花や園芸品などの鮮度保持を中心にした検査を行う機能を増やしてまいります。
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る