大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


羽衣の牡丹?

投稿日時:2021/05/24(月) 08:30rss

先日古い友人からメールがあり、その中に「お能の中に良く花が出てくるが知っていますか」と書いてありました。
あまり見ていませんが、そういえば、有名な「羽衣」の中に出てくるシテの天女の冠は流派によってはその冠の正面に大きな花が付いているものを使っています。
松の木の枝にかけておいた羽衣を漁師の白竜がそれを見つけ家に持ち帰ろうとすると、天女が現れ、その羽衣がないと天に戻ることが出来ないと大いに嘆きます。その情景を地謡が「涙の梅雨の玉鬘、挿頭(かざし)の花もしをしをと、、、、」と謡います。友人がそのこと指していたかどうかわかりませんが、私が花を扱う仕事をしているという事で連絡してくれたのでしょう。
「挿頭の花もしをしを」とありますが、天に戻れないかもしれないと感じた瞬間、頭に挿してある花が萎れてくるのが、天女の気持ちと一体になっているのがわかります。それではなんの花なのかと思いましたが、客席から見る限り作り物ではありますが、どうやら蓮か牡丹ではないかと思います。つぼみからフルに咲く手前の状態です。

その後、あまりに天女の嘆きの深いことから白竜は羽衣を返しますが、舞を見せてくれればという条件を付けました。更に先に羽衣を返すとそのまま天に昇ると疑います。よって舞を見せてくれた後、返しましょうという事になりましたが、その時天女は「疑いは人間にあり、天に偽りなきものを」と謡います。
この言葉に白竜は大いに恥じ入り羽衣を返します。天女は返してもらった羽衣を羽おり、舞うことになりました。序の舞ですが羽衣最高の見せ場です。
過去に一度だけ経験しましたが、舞の最後のころ橋掛へ移った天女が本当に天に帰る様に演じる人がいましたが、かなり感激しました。
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る