大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


自動スリ―ビングマシーン

投稿日時:2022/09/16(金) 10:00rss

現在、国内の切り花加工メーカーは恐らく700社はあるでしょう。幸いなことに私共はほぼ全ての加工メーカー様とお付き合いを頂いております。

その昔、切り花加工は完全に手作業でした。およそ36年前の話です。インパックはオランダの花束加工機械の輸入販売、更にメンテナンス事業を行いながら1,000台以上の販売を行って参りました。昨年までの35年間は機種名フローラフレックス、フローラオプティマを入れて頂く活動を行って参りましたが、昨年からは同時に自動スリ―ビングマシーンの販売を開始し、現在国内3台の実績を頂いています。
従来の機械に自動スリ―ビングマシーンを接続すると作業は一変します。花束の材料である花を投入するだけでスリーブに入った状態で出てきます。つまり従来の半自動機械が、自動スリ―ビングマシンを入れることで全自動機械に切り代わります。この自動スリービングマシンの能力は最大2,400/1hのタイプと3,600/1hのタイプがあり、フル稼働させることで1日に2万束は夢ではありません。

更に私共はいくつかの機械の開発に入っています。自動給水機、自動スリ―ビングマシーンから出て来る花束を数量チェックを行いながらバケットに納めるロボットです。ここまでくると投入以外全て自動化されます。
現在、人手不足が続いています。今回の自動スリ―ビングマシンは作業者の数を半減させるることが可能です。今回の機械は切り花の加工現場を一変させる可能性があります。
インパックはマシーン&スリーブで花き業界に貢献いたします。

展示会のお知らせです。10月はインパックの出店する展示会があります。

1 ガーデン&アウトドアEXPO    2022年10月12日(水)~14日(金)
2 フローラルイノベーション    2022年10月26日(水)~28日(金)

必要な方には入場券をお送りいたします。
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2022年10月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る