大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


変化の時

投稿日時:2021/05/10(月) 08:30rss

明らかに花き業界はホームユースの時代に入りました。

大手生花店の日比谷花壇がホームユースへ大きく舵を切りました。更にユニクロなど異業種からの参入は明らかにその結果を出し始めています。
勿論従来のホームユースの担い手であったスーパーマーケットなどのチェーンストアはその勢いを緩めることはないでしょう。

これらの動きは全て消費者からの要請を真正面から受けての事です。この動きは昔からありましたが、販売者はスーパーマーケットだけの時代が続いてきました。それが異業種からの参入、サブスクを含め業界全体に広がりを見せ始めてきました。これらの動きは今後大きく成長することになるでしょう。

しかし、今後一層の成長を図るためには、いくつも解決しなければいけないことがあります。その中で重要なことは物流、生産に絞られるでしょう。物流面ではコールドチェーンの完成があります。ホームユースは品質が重要視されます。少なくとも加工、販売されるところまではコールドチェーンは完成していなくてはいけません。
更にホームユースに足る商品の生産が必要になります。大きくその基準を変えていくには生産者の協力がなくてはいけないと考えています。


いずれにせよ花も消費者の側からの大きな変化を求め始めています。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウォッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る