大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


新製品投入の重要性

投稿日時:2021/01/22(金) 08:20rss

一昨日、昨日とペガサスクラブ(日本リテーリングセンター)の政策セミナーに参加したメンバーがいます。今年の政策セミナーはウェブで開催されました。私共は社長の守重へきろう、常務の仲二見、西田の三名が参加いたしました。昨年までは椿山荘などで行われましたが、今年はコロナの関係でウェビナーでした。

早速参加した仲二見さんより報告がありました。政策セミナーですからチェーンストアにとって最も重要な内容となっていますが、いろいろ話があった中でアメリカの新製品投入の重要性に関する事例に興味をひかれました。食品などは常に新製品投入があり、それも安価な物であってもパッケージにはかなり気を使い品質の高い商品になっているという点でした。
切花を例にとると、長年に亘り新製品の投入はなされていませんでした。さらにパッケージもほぼほぼ無地が多く、売り場から包装で訴えかけることが出来ていません。これはパッケージに関わるインパックの責任は大きいと考えています。もっと提案すべきでありました。
ヨーロッパなどの花の包装は多色印刷されたスリーブが多くみられ、無地のスリーブは見ることが出来ません。国内では現在でも基本3束1000円と仏花が中心の花売り場です。その意味でいい花が並ぶ可能性はほぼゼロです。
これからインパックは一束1000円の商品を送り出すことと共に1500円から3000円くらいのブーケが必要になってくると考えます。そうなればボリューム感ある花売り場が出来上がるでしょう 
ペガサスクラブの内容を実践に移さなければ意味はありません。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウゥッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2021年2月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る