大きくする 標準 小さくする
次ページ

2017年04月26日(水)更新

特別なエリア?

もっと花を広げたい! - 041 2017426日(水)

 ここに来て銀座はその勢いが止まりません。20日には松坂屋さんが新装オープンし、人の多さが一層際立って来ました。特にアジア系の外国の観光客の数が本当に増えてきています。三日前の日曜日も松坂屋の南側の道に5台、6台の大型観光バスが止まり、海外の観光客?デパートでの買い物客?を降ろし駐車場へ場所を移していきました。

 彼らの身なりの良さを見ると、沢山買い物をするのだろうと勝手な想像してしまいます。又、地下の店舗内にはアロマ関連の高級店が並びお客様に対応する姿を数多く見られました。私の様な鈍感な物にはこの変化に驚くばかりです。一部の方なのか、そうでないのか分りませんが、アロマ関連は思った以上に普及しているのかもしれません。アロマが生花店の分野になるといいと勝手に考えています。

 今回も気がつきましたが、銀座四丁目裏の駐車場は相変わらず、一時間500円、四時間で1200円です。更に今回5丁目の松坂屋近くの駐車場は営業時間内(8:00~23:00まで)で1200円というのが有りました。どちらも銀座通りの東側です。ところが西側の5丁目には10分400円もあり、様々な駐車場が混在しています。恐らく駐車場が多いのでしょうが、高級店が並ぶ場所での駐車代はことによると繁華街の中では日本で一番安いかもしれません。

 

2017年04月24日(月)更新

桁違いのホテル

もっと花を広げたい! - 040 201724日(月)

 紀尾井町にあるニューオータニは東京オリンピック直前に開業したホテルです。大谷財閥の遺産としても優れたものです。何時でしたが30代の若い大谷さんがJFMA(日本フラワーマーケティング協会)に来られましたが、直系の方でした。当時関連会社の生花店レインボーの代表取締役とお務めになっていました。驚いた事に居合わせたフラワーデザイナーの大久保有香さんの大学時代の同級生との事でした。5年ほど前のことです。

 さて、昨年東京紀尾井町ロータリークラブに入会させていただき、例会場であるこのホテルに毎週のように参りますが、来るたび思うのはここの場所の事や、紀尾井町の名前の由来です。全ての方がご存知ですが、紀州徳川家、尾張徳川家、井伊家の三家の屋敷あとに建てられ、その伝統と格式はこれ以上のものがないほど・優れた場所となっています。更にその格式などに負けないほどホテルの外観、庭園などは見ているだけでも驚かされます。先週までは桜が素晴らしく、池を中心にめぐる事のできる庭園はとても贅沢なところです。

 尤も私は例会場へ良く道々遠くから眺めるだけですが、何時かゆっくりしたい物です。

2017年04月19日(水)更新

もっと花を広げたい! - 039 2017419日(水)

 何時でしたか、中央道を走っていると府中辺で中央道をまたぐ様に虹が出ていました。

 きっと暫く走ると虹のトンネルをくぐる事になると楽しみに走っていました。中央道は真っ直ぐな道ではなく暫く走ると大きく道がカーブした時、その虹が中央道の右側に見ることになりました。しかし中央道のある場所からはまるで道を跨いで虹が出ているように見えていました。ある先の出来事でした。

 今日までの5日間は七十二候の第十五項にあたります。「虹始見:にじはじめてあらわる」に当ります。このところ意識して七十二侯を見ていますが、歳時記としてとても有用です。長い人間の歴史の中で人々が書く季節ごとに感じてきた事の集大成なのでしょう。
 

 春の初めに現れる虹は夏の予見とでも言える、共かかれています。

花を扱うインパックとしては季節にもっともっと敏感でないといけません。

*写真は日本の歳時記「七十二候めぐり」  山と渓谷社より

 

2017年04月17日(月)更新

どれだけあるのか

もっと花を広げたい! - 038 2017417日(月)

 

 今年は色々な桜を眺めて来ました。

贅沢にも青フラの井上さんの観桜会に参加しました。又、浅草辺の川を上り下りしながら船からの桜を見てきました。国立の桜は10日ほど見続け、皇居の桜も3回も見ました。更に国立劇場の桜も眺め、東大和周辺の桜は毎日見ていました。
 

 今日は愛知県一宮にある営業所近くの桜並木を車から見てきました。この様に桜の名所は数多くあります。都内でも千鳥が渕。上野、飛鳥山、等です。夫々の地域には名所と言われる桜の並木が数多くあります。一体どのくらいの数になるのでしょう。日本は本当に桜の国です。

 これからは北上が見られ、北関東、東北、北海道へと続き、5月の末まで桜を楽しむことが出来ます。私はゆっくり眺める事はできませんが、車で移動する分、あちこちの名所を訪ねることが出来ます。

本当に素晴らしい季節です。

2017年04月12日(水)更新

球根サミット

もっと花を広げたい! - 037 2017412日(水)

 

 9日の日曜日、横浜の開国記念会館と言う大変古い建物の1階で「球根サミット」が開催されていました。この企画はI-BULBSと言う球根の輸入団体が主催した物です。

 

 もっともこの会議はドアの入口にも書かれていましたが、素人は立ち入り禁止と成っていましたから、プロの方々の会議と言う事になります。私の場合、素人の中に入りますが、主催者のお一人を存じ上げていた関係で今回参加させて頂きました。球根は恐らく20年前から見ると輸入量は減ってきています。球根の生産の多くはオランダであり、生産者も輸出会社も全部オランダ人ですが、最近はチリやオーストラリア、南アフリカといった南半球での生産も多く見られ、生産時期が反対になる分一年中同じ球根が生産されることになります。ごく最近の例ではチリからの売込みが盛んになってきましたが、多くはオランダの企業によって生産されています。一部チリの資本の農場もあります。

 

 私は今回この会議が横浜で開催された意味を強く感じています。日本は明治期、球根の輸出国として有名でした。100年企業の横浜植木さんなどは其処からビジネスが始まっています。開港時、横浜は球根が大事な輸出品でもありました。

 

2017年04月10日(月)更新

何度も!

もっと花を広げたい! - 036 2017年4月10日(月)
 
 先日、チャコボールの開発を行った加藤様から1枚の写真を頂きました。
其処には鉢一杯に根の張ったサフィニアが写されていました。すでに二年以上が経過している、と説明を受けました。又花は幾度となく咲いています。室内で、LED電球の元で育てていた物です。

 通常サフィニアは当然毎年苗を購入し咲かせていきますが、室内で一定の条件であれば何度でも花を楽しむことが出来ます。勿論その為には根が強くなくてはならず、普通はこの様になりません。
今回二年で7回も8回も咲いている根の状態を確認いたしましたが、其れは見事な物でした。鉢の中が根で一杯になっていましたが、枯れた根が見つかりません。どこかにはあるでしょうが見事な根に仕上がっています。

 この様になるのは何と言っても用土にチャコボールを使用しているからと考えています。近い将来、チャコボールを使った室内用の草花を販売するつもりです。


 

2017年04月06日(木)更新

もうすぐやってくる

もっと花を広げたい! - 035 201745日(水)

 

 ブーケと言えば趣味の方々は自分で作り楽しまれたり、ギフトとして差し上げたりしているようです。最近では男性がブーケつくりの教室に通い作ったブーケを恋人に差し上げる人たちも出始めました。
 

 最も一番多いのはブーケは生花店さんが作りお客様のご要望に応じて制作する物、と相場が決まっていますが、今後量販店は売場でこのようなブーケ(スパイラルブーケ)が店頭に並ぶ時代がやってきます。店頭で注文をすると多くの場合15分から20分は最低かかります。前にお客様がいると更に待つことになります。
 

 ブーケは待つものと決まっていますが、今後量販店で購入の場合、既に出来上がったものを購入することが可能になってきます。目の前で制作されないと鮮度などに問題がある、と考えられがちですがそうではありません。むしろ加工、物流、保管など温度管理がされた中で生産された商品としてのブーケは鮮度の点では問題がありません。
 

 今後ブーケは何時でも何処でもその場で選びながらより求めやすい価格と共に購入するのが普通になって来るでしょう

 

2017年04月03日(月)更新

横浜ガーデンフェスティバルは正確には「ガーデンネックレス」横浜2017です!

もっと花を広げたい! - 034 201743日(月)
 
 先週横浜の山下公園で開催されている名称は性格には「ガーデンネックレス」横浜2017ということになっています。お詫びいたします。
 
 この企画は第33回全国都市緑化よこはまフェアの一環で企画されていました。私は4月16日に出かける予定にしていますが、山下公園はじめ、みなとの見える丘公園、日本大通りなどが花で一杯になります。

 又赤れんが倉庫で有名な場所ではオランダのガーデンデザイナーのジャックリーンさんの名を冠した「ジャクリーンガーデン」が開かれここに平工さんの関係した球根と草花の混植ガーデンになっています。混植ガーデンは暫く前からオランダでは良く見られました。個人の家では余り見かけませんが、道路沿いの空き地などには様々な植物が植えられ、車で通る時など楽しい気持ちになっていました。

 私のところも平工さんによって混植の庭に仕上げてもらいました。この様に新たな考えの庭が出来ることは素晴らしい事です。
 
 16日はおそらくチューリップが満開だと思います。今から楽しみにしています。

 

2017年03月29日(水)更新

横浜ガーデンフェスティバル!

もっと花を広げたい! - 033 2017年3月29日(水)
 
 6年程前、農水省が募集したオランダ派遣の人の中で見事に選考にパスした人たちがいました。2010年オランダの花万博「フロリアード」への派遣でした。
選考にパスした人たちは若い人ばかりで業界でも優秀な方々でした。盆栽の世界では知られた方、卸売市場で活躍している人、又、私の知り合いでイギリスの暫くガーデン設計施工を勉強した方などがおりました。帰国後更に皆さん更なる活躍を見ることが出来ます。
 
 来月から約二ヶ月、横浜の山下公園周辺で開催されるガーデンフェスティバルは大きな規模ですが、この中にオランダのガーデンデザインの女性と一緒になって球根主体の混植ガーデンを作り上げた平工さんもフロリアード参加組みの方でした。この数年球根を通して何か地域の為、人様のためになりたいとお会いするたびお話を聞かせてもらっていました。
 
 今月、私の家の庭の整理を行なっていただいた際、横浜のガーデンフェスティバルのお話を聞きました。素晴らしい活躍に少々感激いたしました。


 

2017年03月28日(火)更新

赤坂・観桜会

もっと花を広げたい! - 032 2017327日(月)

 

 先週土曜日の25日は赤坂の浅田(加賀料理)で観桜会が開催されました。

二週間ほど前にお誘いを受け是非と言う事で出席連絡を致しました。主催者は青山フラワーマーケットの井上社長様です。
 

 皆さんご夫妻で参加ということを伺い、私も家内と出かける予定をしていましたが、所用のため行けなくなり、浅田の近所に住む昔の友人と共に出かける事にいたしました。

 

 井上社長のお嬢様のお話では3mもあるさくらの枝を30本用意され、他にコデマリなどを使用し、巨大な活け込みが座敷の中央に於かれていました。上は天井に届き、幅も4m以上はありました。その桜を中央にして我々が取り囲み、美味しい食事やお酒を飲み交わしながら、見事な桜を眺めながら一時を過ごしました。なんとも贅沢な時間でした。

 

 どうやら花き産業に携わる私たちがこの様に桜をゆっくり眺める事が殆どなく、これからは仕事ばかりでなく、花を愛でる習慣を身につけましょうという結論に達しました。

次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

1936年 4月創業 1968年(株)守重商店設立、1987年生花包装資材機器販売業として、インパック株式会社へ社名変更する 2007年9月南青山にピーターラビットフラワーズをオープンする。 2008年2月石川県に生花包材専門工場稼動する。...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2017年4月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る