大きくする 標準 小さくする
次ページ

2017年03月22日(水)更新

バラは日持ちしない?

もっと花を広げたい! - 031 2017322日(水)

 

 バラは人気のある切花ですが、この15年ほどで消費量が極端に減ってしまいました。年間消費量で言えばこの間に約1億本のバラの減少が見られました。
 

 それにとって代わり、トルコギキョウ(ユーストマ)やラナンキュラスが台頭し、ついにバラが年間1億本の減少を見るに至りました。
 

 勿論バラ生産に対して熱心に取り組む人も数多くおられますが、それでも多くの数を減らしています。その原因は幾つかあるようです、ブライダルの場面でバラに変りダリヤ、トルコギキョウなどの大型で引き立つ花が利用されることが多くなりました。結果相対的にバラの減少につながっています。

 更にバラは日持ちしないイメージも強く一般生花店の店頭でもバラは積極的に売られる商品から次第に離れて来ました。
しかしバラは持たないイメージはイメージだけの事も多くあります。

 インパックはエチオピアのバラを入れていますが、今の時期、一ヶ月ほどの日持ちを見るバラもあり、
2週間、3週間は普通に見られます。バラの保管、物流が温度管理を行なっていけばバラは決して日持ちの短い花では有りません。

2017年03月21日(火)更新

フラワーバレンタインのバラ

もっと花を広げたい! - 030 2017年3月20日(月)
 
 2月14日はフラワーバレンタインデーとして次第に広がり始めています。特に今年は青山フラワーマーケットの井上社長のお話では「今年はすごかった」と言われていましたので、かなり立ち上がったのだと思います。特に井上さんは花の国日本の理事長をお勤めでもあり、ことのほかフラワーバレンタインには力を入れている方です。
 
 私も花産業に従事する者として様々お進めしている関係で何人かの方にお花をお送りしました。今年は様々な色のバラをブーケにしてお贈りいたしましたが、今月に入り何人かの方からバラが今でも咲いていると少々驚かれてお電話を頂きました。家内にも同じ物を渡しましたが、確かに1ヶ月を過ぎた今も咲き続けています。この時期の花は長持ちいたしますが、1ヶ月を越える事はバラの品質、出荷までの取扱、更に気温や栄養剤の利用、水換えなど様々条件が揃って始めて可能となるのでしょう。
 
 インパックもバラを主体に花事業を行っていますが、この様な切花を扱い続けることが重要だと改めて感じています

 
 

2017年03月16日(木)更新

コロンビアの現状

もっと花を広げたい! - 029 2017年3月15日(水)
 

 昨日JFMAのアフタヌーンセミナーが開催され、小川会長、専務の松島様も参加されていました。
 
 其処に久しぶりにサントリーフラワーズの石原様がお越しになっていました。石原様とは10年ぶりになるでしょうしょうか、コロンビア、エクアドルのツアー以来です。現在ブランド戦略の部長として活躍されています。
その際、ご挨拶の中でコロンビアの最近の状況のお話が出ていましたが、政情の安定化や経済成長など以前とはかなり環境が異なり、生活が良くなっているとのお話でしたが。先々週フランス・オランダへ出かけたとき同じ話をお聞きしました。
 
 今オランダ、フランスの生花グレーディングマシーンやスパイラルブーケマシーンなど一番売れているのはコロンビア!と何処の機械メーカーも話していました。10年前、私たちが出かけた時は全て人手で行なっていて、なぜ機械化を測らないのか、と思っていましたが、漸く始まりました。
大きな機械になると、最低でも5000万円、安くても1500万円ほどの機械ですが、すでに市場があることなので、導入に余り躊躇はないようです。
 
 それにしても様変わりです。石原氏の話とオランダ、フランスの機械メーカーの話をつなぎ合わせると今、将来のコロンビアが見えてくるようです。

 

2017年03月13日(月)更新

フランスのブーケ

もっと花を広げたい! - 026 2017年3月13日(月)
 

フランスのブーケといえばブ―ケットを使用したブーケが有名です。
ブーケットには知る限り3種類ほどありますが、メーカーは別になります。更に形状も異なっています。ただ、何れもステムの下の部分を三角錐になった容器で受け、其処に水を入れて更にその周りにはフィルムで確り包装する事に変りはありません。10年ほど前から包装しつつ、水を自動充填する装置が販売されてきました。ブーケットのみの販売は母の日近くになりますとインパックでも販売して来ましたが、お買い求めいただくお得意先様はいずれも手で制作していた事になります。

今回はその自動充填、自動包装する機械の紹介です。ヨーロッパでは既に販売が始まり、量販店店頭で水が入ったままのブーケが数多く販売されています。スパイラルブーケとブーケット+フィルム+持ち帰り容器のセットでギフトつくりが可能となります。しかし厳密に言えばギフトとしては少々難ありです。仮に言え場「手土産」が適当かと思います。
出来上がりもいい品質です。来期はこの機械と資材のセット販売が出来れば言いと考えています。スパーラルブーケのお進めは先ずブーケットからが良いでしょう。

201703141636_1-300x0.jpg 
201703141636_2.jpg

 

2017年03月08日(水)更新

フランスの花売場

もっと花を広げたい! - 027 201738日(水)

 

 先週フランスとオランダへ正味三日間の出張に出かけて参りました。

特に今回フランスの量販店を見る機会がありますので楽しみにしていました。本来の目的は機械メーカーを訪ねる事ではありましたが、午前中の空いた時間に近くのショッピングモールへ出かけることが出来ました。このモール、アトランティックと言う名前です。フランスでは三番手に来る流通企業です。この中に生花店があるのですが、隣に建つイケヤの建物が小さく見えるほどのサイズです。日本でも巨大なモールは生まれていますので驚く事はなくなりましたが。それでもこのサイズのモールに入る時、驚くというより感激するほうが多いかもしれません。
 

 店舗の中に入り専門店街を通り越しますとフランスのスーパーによく見る何十台もレジが並ぶ姿を見ることが出来ました。しかし、真ん中あたりのレジはどうやら自動レジの様でした。買い物客が自分で処理をしていました。
 

 さて、生花店ですが、店は50坪ほどでした。周りにそって低い三段の棚が曲線上に置かれ、其処には場所により。アレンジ、ファレノ、観葉植物が並んでいました。更に店の真ん中には大きい丸い什器が1台と3台の小さな円形什器が置かれ、夫々ミックスブーケ、バラのブーケ、後はバラの単品売り用と1本当り70円から200円の間で販売されていました。更にもう1台の什器には草花系の鉢物が並んでいました。
 

 写真は全くだめな事は分かっていましたので、簡単に配置図を書いていましたが、案の定しかられてしまいました。一緒にいたメーカーの輸出担当のディラン氏が訳を話してくれましたが、フランスをはじめ海外の量販店は厳しいものがあります。訪ねたブーケメーカーの商品も確り並んでいました。15.99ユーロと19.99ユーロの二本立ての価格帯でした。

バラは10本で800円ほど、ばら売りの60センチは250円でのばら売りでした。
 

2017年03月06日(月)更新

思った通りのエチオピアンローズ

もっと花を広げたい! - 026  201736日(月)

 

 冬だから日持ちは当たり前?となっていますが、決してそうでもないのがバラの日持ちです。今回、家で実験していますが、楽に一ヶ月を過ぎました。社内でも同じ結果が出ています。勿論単に持ちが良いのではなく、入荷までの物流、入荷後の保管、加工など全て温度管理などが行なわれ、はじめてその結果が出るのです。
 

 更に花そのものの性格も有るでしょう。元々日持ちの良い物を入れることも重要です。エチオピアで生産されているものは全てヨーロッパに輸出するものですから、見た目のところでは様々ご指摘を頂く事になります。それらは少々時間をかけ日本にあった物を増やす努力はインパックの仕事です。しかし今回、生産者のオランダで話し合いを持った企業ですが、とにかく取り組み姿勢が素晴らしいのです。特に品質に厳しく、私たちの要望も確り聞いてくれます。インパックは其れに答えることが重要となります。

 

 

2017年03月01日(水)更新

物日って?

もっと花を広げたい! - 025  20173月1日(水)

 

 物日は花業界にのこる古典的な言葉です。恐らく花業界以外の方々は殆ど使われないばかりかその意味も分からないでしょう。
 

 恐らく現在の私たちの言葉では「イベント」が最も近い言葉になるでしょう。はじめは何か古くさい、などと思っていましたが、このような言葉が残る業界も捨てた物では有りません。以前触れたかもしれませんが、偶然ラジオから聞こえて来ました。江戸の「女性芸能史」の研究者の先生がNHK10数回の連続番組の中で江戸を通して最も栄えた遊興地である吉原で使われていたのが「物日」と言うことでした。その中でも最も立派で大きな規模の物日が「吉原の桜祭り」であった様です。勿論普段は吉原には桜並木など有りませんでした。桜の咲くときだけ大きな桜が数百本がいきなり現れ、人々の目を楽しませたそうです。

 吉原では唯一イベントを開く事を認められた場所でも有りました。このような物日には多くの人がさくら見物を楽しんだ、とあります。
3月の開花にあわせ、何せ大きな桜を移植し、終了後再度片付けるのですからを大仕事です。吉原の桜は24時間の見物が可能だったようです。その他にも多い時は100を越える物日がありました。

 私たちももっと考える事ができそうです。

 

2017年02月27日(月)更新

東京オリンピック

もっと花を広げたい! - 024 2017年2月27日(月)
 
 オリンピックに向けさ様々な企画が作られようとしています。今回、東京都も知事が替わり、それらの企画も様々変化が出始めています。特に企画そのものも其れに伴う資材・機材の供給なども公平、公明に多くの企業からの募集が始まりました。先ずはそれらに応募する登録を済ませる必要がありますが、その応募に至る過程も透明性が高く従来とは大きく変わった気がします。私どもにはSMTS(スーパーマーケットトレードショー)の最中、展示会へこられた東京都中小企業振興公社の方からその話を伺いました。
 
 採用になる、ならないは別としてインパックもオリンピックに参加する気持ちを高めるのにはより機会となります。早速西田さんから総務にお願いし登録を済ませました。後は何をするか社員の皆さんから考えをまとめるつもりです。インパックでいえば花を使ったイベントが良いでしょう。こんな話をしたところ、親しい方から花業界で「生花:(聖火)リレー」どうかとヒントをもらいました。最初から言い企画が飛び出しました。
 
 50年前の東京オリンピックの聖火リレーに出た者としてはかかわりたい企画です。

 

2017年02月22日(水)更新

横山会長(新日本スパーマーケット協会)

もっと花を広げたい! - 023 2017年2月22日(水)

 先週終了したSMTS(スーパーマーケットトレードショー)の懇親会の中で会長の横山様にお会いしてまいりました。相変わらずお元気ですばらしいお人柄でもあります。
 
 会長のお話の中でセブン&アイの伊藤名誉会長とライフの清水会長のお話が出ていました。両会長とも時代は変ったが、量販店は必ず伸びるといわれたとの事でした。勿論売上げは益々伸びるとは言いません。もっと工夫をしていけば利益拡大に繋がると言われたのでしょう。
 
 今回、その様な話は色々出て来ました。生協さんからも、ペガサスのセミナーでも同じ様な話があり、確実に時代の変化を迎えています。花も単に価格だけでは成長どころか衰退する事になります。低価格ではなく、ジャストプライス、ハイクオリティーではなくジャストクオリティーの概念を取り入れることが大事になってきました。
 
 折角横山会長や鈴木副会長などからしっかり遣れ!といわれている以上インパックはもっと頑張らなくてはいけません。


 

2017年02月20日(月)更新

SMTS(スーパーマーケットトレードショー)

もっと花を広げたい! - 021 2017年2月20日(月)
 
 2月15日から17日の間、幕張メッセに於いてSMTS(スーパーマーケットトレードショー)が開催されていました。会場は南北両館の全てを使用して行なわれておりましたが大変な賑わいでした。モーターショーと同じ面積を使い実施されましたので規模の大きさは日本でトップとなったわけです。
 
 新日本スーパーマーケット協会の横山会長のご挨拶で、日本で一番人の集まる展示会、出展数の多い展示会、金融トップの集まる展示会、等と自信を持って話された理由が良くわかりました。人で一杯でした。
 
 更にインパックブースは昨年より多く立ち寄られた方が多いと感じています。大事なのは量販店の既存の方々のご来場、更には新規の皆さん、この中にはSM(スーパーマーケット)ばかりでなくドラッグストア、ホームセンターのバイヤーが揃っていました。今後に向けてのより具体的な商談も多くありました。インパックにとって重要な展示会となってきました。


 
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

1936年 4月創業 1968年(株)守重商店設立、1987年生花包装資材機器販売業として、インパック株式会社へ社名変更する 2007年9月南青山にピーターラビットフラワーズをオープンする。 2008年2月石川県に生花包材専門工場稼動する。...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2017年3月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る