大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「お花の消費動向?」

投稿日時:2014/10/28(火) 16:18rss

青山通信 2014年10月28日(火)
 
「お花の消費動向?」
201410281621_1-300x0.jpg
アジア最大の花の展示会インパックのブースです
 
昨日、私が役員を務める花の環境認証を生業とするMPS JAPANの花と野菜、環境に関する調査報告書を見ていました。。
 
その中で気になる事実がはっきりしました。花を購入する人も、購入する金額もともに減少しているということです。家に持ち帰るお花は1000未満が大半です。更にギフトに入る分野でも1500円から3000円までが殆どでした。
確かに花の販売価格は年を追って下がっています。
 
今後、母の日、バレンタインなどのイベントが盛んになる勢いですが、日常の花も盛んになることが考えられます。
また、数字だけで見れは花販売の主体はスーパーマーケットへ移行することもが考えられますが、ピーターラビットフラワーズはその中で大いにがんばってまいります。
 
 
ピーターラビットフラワーズ  https://www.peterrabbitflowers.com/
インパック株式会社      http://www.impack.co.jp/

 

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
2be30c505f09a15f3dfa10b7a4d11b8d.png?1544866479
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

2018年インパック株式会社(事業会社)の代表取締役に守重へきろう就任 IPホールディングス株式会社(持株会社)設立 代表取締役に守重知量就任 2016年花の鮮度保持管理コンサルティング会社 フラワーウゥッチジャパン株式会社設立(子会社) 2014年東京オフィス本社移転...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2018年12月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る