大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


花便り

投稿日時:2017/05/01(月) 11:54rss

もっと花を広げたい! - 042 201751日(月)

 北海道の富良野に住む専務からメールが届きました。
 

 エゾエンゴサクのちょっとした群生です。専務の庭は5000坪ほど有り、その庭はすべて自然の植物から出来上がっています。長い冬からの開放されたような話です。特に今年は寒い日がつい先頃まで続き、雪の舞う日が多く続きました。このような地域であれば余計にエゾエンゴサクの花は大事な花なのだと思います。更にここには狐が出たりしますのでまさに自然の中での生活ということになります。

 一方私のところの庭には自然のものが何一つ有りません。いまが見ごろとチューリップ、アネモネ、ボタンなど咲きほこり、私たちの目を楽しませてくれていますが、自然の草花にはかないません。厳しい自然環境と春先の木々の芽生え、草花の開花は自然と反対の中で暮らす私には少々分らない世界です。

 一度入ってみたい物です。

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
ca5aff23a3bd92ea5c7b34363ba04924.png?1508823609
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

1936年 4月創業 1968年(株)守重商店設立、1987年生花包装資材機器販売業として、インパック株式会社へ社名変更する 2007年9月南青山にピーターラビットフラワーズをオープンする。 2008年2月石川県に生花包材専門工場稼動する。...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2017年10月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る