大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


花加工の世界も人手不足

投稿日時:2017/02/10(金) 16:16rss

もっと花を広げたい! - 020 2017年2月13日(月)
 
 スーパーで販売する花は、ほぼ全て機械で生産しています。それは量的に沢山あることに加え、一気に処理を行なうことが品質管理上必要な事だからです。
 
 しかし最近では、機械化されている工場でさえも人手不足が目立ち始めています。彼岸をはじめ、物日(イベント時期)には沢山の花を加工されること事になり、普段のように仕事をしていたのでは納品が難しくなります。極端なときは12月と1月の月間の数量比較ではでは4:1くらいです。又、3月と1月では3:1なります。確かに月一回で見るとそうなるのですが、実際には加工数量が最大の日と最小の日と比較すると10倍以上の開きがあり、その物量の差はかなりものがあります。実際その様な日はスーパーのバイヤーの方がお手伝いに入るようになりました。
 
 このような事からインパックは更なる自動化、省力化が必要となりました。一層の開発に力を入れていきます。

 

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
6e41aaf9f29617927df5c8cfb46214f5.png?1498640321
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

1936年 4月創業 1968年(株)守重商店設立、1987年生花包装資材機器販売業として、インパック株式会社へ社名変更する 2007年9月南青山にピーターラビットフラワーズをオープンする。 2008年2月石川県に生花包材専門工場稼動する。...

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2017年6月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 肉白日 from PoweredTEXT
    約半年前ほど 昔の写真を 引っ張り出して 人生の軌跡を綴る